がん予防に知っておきたい環境と原因

2018年09月05日

女性の健康

がんを予防するためにできることは多いといわれます。予防のために原因や可能性を知り、食べ物や環境についても考えてみることは、大いに予防に役立つ可能性を秘めていると言えます。

がん予防と環境の原因について:
がんになる可能性はさまざま報告されているものの、その中には私たちが息をするだけでも原因として考えられている原因もあります。
例えば、大気中に存在している空気汚染は知られるところですが、身近なところでは農薬ガソリンの中に含まれる鉛、建物に使用されたアスベスト、水に含まれるバクテリアなども生活環境の原因として報告されています。
とはいうものの、がんになる原因を避けることも選択の中には含まれていると考えられている以上は予防の対象にもなりますし、またがんはすぐに体内でできるものではなく、年数をかけてゆっくりできることが一般的であることも報告されているとおりです。

がんの原因に挙げられることが多い例:
実際にがんの原因として報告されることが多い例として、最初に思い浮かぶのは、タバコの喫煙かもしれません。
ある調査では、がんになる原因の25%前後は喫煙によるものであるとも報告されています。
ということは、もしタバコを吸わないという選択をしているだけで、がんになる原因のリスクを25%前後減らす可能性が出てくると考えることができます。
食べ物や食事、飲み物はがんになる確率にしめる割合の中で30から最大で65%程度とも伝えられていることからも、食べ物や飲み物を含めた食事や食習慣が、いかに原因にも予防にも深く関係しているかがわかります。
飲み物ではアルコール類はがんの原因に関係していることが報告され、お酒を楽しむという度を超えて飲みすぎることが長年にわたり続くことは予防を超えて原因になってくることが考えられます。

75%の原因と選択として報告?:
がんになる原因として、75%は次に挙げられることが原因になっているとアメリカで報告されています。
その中には、自らの意思で選択ができることが多いとされていますが、喫煙、アルコール類の過剰摂取、貧しい食べ物や食事の内容、運動不足、日光の当たりすぎやその反対、性感染症ウィルス、薬剤、ホルモン、放射線、バクテリア、ウィルス、化学薬品、環境に含まれる物質など。

予防に役立てて原因を減らすために:
がんになる原因の中には環境に関する要因など避けることが難しかったり、どうしようもないことも中には含まれています。
予防や原因を減らすために何ができるかということも報告されています。
予防に関わる例としては、肥満になることはがんのリスクや可能性を高めるということからも避けることがおすすめされています。
関連することとして、定期的に身体を動かすことは予防につながるということと、運動は激しい運動よりも持続できることが望ましいとも伝えられていますので、歩くことや自転車で買い物に行くことなども含まれるようです。
食べ物や食事としての予防では、加工されたり赤い状態の肉類を食べる回数を減らすこと、新鮮ではなく長期加工された状態で置かれている食べ物や飲み物を減らして自然界の食べ物や飲み物を増やすということも予防に大きくつながりそうです。
自然界に存在する野菜類をはじめとする食べ物を増やすことで体内の環境汚染物質を排出しやすくするということからも、最も予防にふさわしいおすすめの方法として紹介されています。

家庭内の環境で予防できることとして、優先度が高く表示されているのは、近年では特に電磁波を可能な限り減らすことがおすすめされています。
電磁波の他には、日用品に使われる薬剤や価格薬品を減らすこと、カビやホコリに注意すること、ペンキや新しい壁紙などに代えた時は特に窓を開けるなどの換気をすることなどが、がんをはじめとする予防におすすめされています。
参考にした情報源:
がんと環境(CANCER AND THE ENVIRONMENT)冊子
U.S. DEPARTMENT OF HEALTH
AND HUMAN SERVICES,
NIH,
National Cancer Institute,
National Institute of Environmental
Health Sciences

オンラインショップ