ポリフェノール・フラボノイド

注目を浴びる栄養素のフラボノイドのサプリメント
ポリフェノールの中で一番大切な栄養素として知られているのがフラボノイドです。

ポリフェノールとフラボノイドのアレルギー対応サプリメント

ポリフェノールとフラボノイド入サプリメントの特徴

日本でも注目を浴びる栄養素のフラボノイドは野菜や果物から発見される水溶性の植物色素が結合した総称のことを言い、ポリフェノールを分類した時の一種の群に入ります。
ポリフェノールの中で一番大切な栄養素として知られているのがフラボノイドです。

フラボノイド自体は400種以上あり、良く知られる成分ではアントシアニンカテキンルチン等が挙げられます。


【フレンチパラドックス】と言われるように、フランス人がバター等の油が多い食品を食べても血管が強いのは赤ワインなどに含まれるポリフェノールが血管のサポートをしているとされています。

欧米を中心に報告される近年の健康フードピラミッドは以前におすすめされていたものとは異なるいくつかの特徴があります。


その一つが植物由来の抗酸化物質であるファイトケミカル、ポリフェノール類、ナッツをはじめとする種子類の摂取を積極的に摂取することをおすすめしています。


日本の総務省が行う家計調査によると直近20年において国内では野菜や果物の一人あたりの年間購入量も摂取量も減少しているために食生活と栄養摂取の見直しを国内外の専門家からはおすすめされているところです。

ポリフェノール・フラボノイドのサプリメント

ブドウ種子エキス
ブドウ種子エキス

ブドウ種子エキス


エイジングケアに、フランス産原料使用で95%の高濃度ポリフェノールのブドウ種子エキス。

ケルセチン・バイオフラボノイド
ケルセチン・バイオフラボノイド

ケルセチン・バイオフラボノイド

本場の植物性成分の樹皮抽出でアレルギー成分を含まないバイオフラボノイドのケルセチン。

ケルセチン
ケルセチン

ケルセチン


本場のブラジルで強いバイオフラボノイドの純粋なケルセチン(クエルセチン)を1粒に300mg。


酪酸ビューティレン
酪酸ビューティレン

酪酸ビューティレン

アレルギー反応やLGS(リーキーガット)に腸内細菌や腸内フローラ。小腸溶性酪酸、ミネラル酪酸塩抽出

グレープフルーツシードエキス(GSE)125
グレープフルーツシードエキス(GSE)125

グレープフルーツシードエキス(GSE)125


天然の抗菌剤や防腐剤で知られるグレープフルーツ種子エキス。肌が敏感の方も安心。

ベルベリンや黒クルミアルテミシニン
ベルベリンやアルテミシニンと黒クルミ

ベルベリンや黒クルミ

強力なポリフェノールと抗菌栄養素で人気のベルベリン、アルテミシニン、黒クルミやシトラスシードエキス入サプリメント。

Nrf2アンチオキシダント
Nrf2アンチオキシダント

Nrf2アンチオキシダント

スルフォラファン、ザクロ、グリーンコーヒー、オリーブ葉エキス、緑茶、イチョウ葉エキス等エイジングケアやバランス。

ピクノジェノール
ピクノジェノール(Pycnogenol)

ピクノジェノール


伝統のフランス産松樹皮使用の強力なフラボノイド。

クルクミンウィン
クルクミンウィン

クルクミンウィン

結合組織のスムーズに。強化されたクルクミノイドが20%以上含まれています。

クルクミンウィン500
クルクミンウィン500

クルクミンウィン500

ウコン抽出のクルクミンが1カプセルに500mg。

ポリフェノールやフラボノイドのスーパーフードが人気の理由:

バイオフラボノイドやポリフェノールを含む植物系栄養素は近年スーパーフードとして益々人気が高まっていると同時に注目をされてきています。それはポリフェノールを豊富に含むベリー系であれば様々な抗がん作用を持つファイトケミカルが沢山入っていることや、それらの成分に含まれるエラグ酸が腫瘍の形成を阻害する働きをもつことを科学者グループにてよって報告されたことの影響が広まっていることも考えられますし、エイジングケアや美容の業界でも同様にローフードやスローフードをはじめとする影響力を持つ人々の発信力の強さも影響しているのではないでしょうか。


食品表示法から観る今後の動向

アメリカでは食品のパッケージ表示に関する法律がよく変更になります。肥満やアレルギーをはじめとする予防やエイジングケア促進の意味が込められていますが、カロリー表示は以前に増して大きく目立つ表示となり、人工添加された油を使用しないトランス脂肪酸フリー、アレルギー反応成分の1つで小麦粉に含むグルテンを含まないグルテンフリー、最近ではポリフェノールやフラボノイド類、カテキンやビタミンEをはじめとする抗酸化物質がもつ活性酸素吸収能力の分析を示すオラック値の表示も進んでいることから、今後は益々アントシアニン等のフラボノイドをはじめとする良質な栄養素の必要性が見直されることとなるように思います。


発送するフラボノイド入サプリメントの特徴

上記でも記載したとおり一概にフラボノイドと言っても400種類以上も存在するために摂取する判断基準を決めることが難しいのが現実のように思います。

発送するフラボノイド入りサプリメントでも、例えばブドウ種子エキスであれば古くから伝承される信頼のおけるフランス産原料を使用することで、一般的に含まれるサプリメントのポリフェノールの割合が20~30%と指摘される中、高濃度に90%以上が含有保障されるために1つの判断基準としてわかりやすいのではないでしょうか。

わたしたちの食事と栄養素

アメリカで最も有名な家庭医であるファーマン博士は現代の日本人の食事の分析で私たちのの食事の33%が今や精製された食材で構成されていると伝えています。他に21%が白米、16%が小麦となっていることから食事で摂取する約70%がカロリーは高いものの栄養価は低く、もっと積極的にビタミンミネラルを含む微量栄養素やポリフェノールやフラボノイド、身体に良い脂肪酸やアミノ酸を含む食事をこころがけるようにおすすめしています。


ポリフェノールやフラボノイドのサプリメント:

ポリフェノールやフラボノイドは特に熱に敏感です。そのために大量生産をせずに1979に設立されたアレルギー反応成分を使用せずにつくられるアレルギー対応サプリメントでおすすめされることが多いアレルギーリサーチグループより新鮮かつ確かな本物のサプリメントを直送にて配達させていただきます。

ページトップ