アンチオキシダント

年齢を重ねる毎に強くなる、健康と若さへの願い。

アンチオキシダント

アンチオキシダント栄養素の特徴

少しでも実年齢より若くありたいという願いは年齢や経験を重ねる毎に年々増える欲の1つなのかもしれません。
そうした要望が多いこともあり、アンチオキシダントで知られるエイジングケアの研究報告を目や耳にする機会も多く、調査や研究も日進月歩で進んでいるように思います。


エイジングケアで注目される補酵素のコエンザイムαリポ酸は良く知られる成分ですが、最近では普段の食事から補いきれないこともあり、海藻や果物などから抽出されるポリフェノールなどの食品から抽出される栄養素やミトコンドリアに関する栄養素の人気も高まっています。


以前から知られているコエンザイムQ10やαリポ酸に加えて、ポリフェノールの一種で海藻から抽出したものからアンチオキシダントの業界では定評のあるワシントン大学の研究で開発されたレスベラトロールなど進化系の栄養素入りサプリメントまで幅広く取り揃えています。

遺伝子組み換え検査済サプリメント

アンチオキシダント

ミトコンドリア細胞膜ATP栄養素
ミトコンドリアATPヘルシーエイジ

ミトコンドリアATPヘルシーエイジ

ミトコンドリア細胞膜関連の35総合栄養素入。若々しく、格好良く健康的に年齢を重ねたい。

アンチオキシダント
アンチオキシダント

アンチオキシダント

アンチオキシダント SOD開発メーカーのビタミンミネラル等23栄養素入本格エイジングケアサプリ。

持続性αリポ酸+ビオチン
持続性αリポ酸+ビオチン

持続性αリポ酸+ビオチン

持続性αリポ酸とビオチンのミトコンドリアタイムリリース型でより深く、長く滞在のアルファリポ酸。
Nrf2アンチオキシダント
Nrf2アンチオキシダント

Nrf2アンチオキシダント

スルフォラファン、ザクロ、グリーンコーヒー、オリーブ葉エキス、緑茶、イチョウ葉エキス等エイジングケアやバランス。

NACエイジングケア仕様
NACエイジングケア仕様

NACエイジングケア仕様


エイジングケア大家と共同開発サプリメント。αリポ酸やリボ核酸、システイン等ミトコンドリア仕様。

インフラメッド
マルチビタミンミネラルエイジングケア仕様

マルチビタミンミネラルエイジングケア仕様

ビタミンミネラル以外にもヨウ素やN-アセチル-L-カルニチンなどエイジングケアサポートの26の栄養素。

グリーンエナジー
グリーンエナジー

グリーンエナジー


ポリフェノールのエイジングケアからローヤルゼリーやマカまで、35の栄養スーパーフード。

コエンザイムQ10 CoQ10 プラス
コエンザイムQ10 CoQ10 プラス

コエンザイムQ10 プラス


サトウキビ発酵の過程で抽出される補酵素。鮮度が大切なコエンザイムQ10のサプリメント。

還元型コエンザイム ユビキノール
還元型コエンザイムユビキノール

還元型コエンザイム ユビキノール


還元型コエンザイムQ10ユビキノールが1粒100mgで60粒。オレンジ抽出の補酵素。

フィブロブースト
フィブロブースト

フィブロブースト


強力で貴重な海藻ポリフェノール(フロロタンニンのエクロニアカヴァエキス)。昆布などから抽出。

現代社会で増す抗酸化物質の必要性

益々便利な世の中になるに連れて、私たちが口にする食事にも変化が生じてきているようです。

外に出れば簡単に外食に限らず、食事が手に入る時代で家庭で料理にかける時間や手間が短くなっています。


家庭で料理する食事とは異なり、食品添加物を含む加工食品、揚物等何回も使うことで酸化した油、マーガリン等に含まれる人工的な油であるトランス脂肪酸など私たちの身体の中には過酸化脂質が多くなっていますが、その過酸化脂質を分解するためにも酵素の必須成分としても抗酸化物質が必要とされています。


食事だけではなく、ストレスや電磁波等にも抗酸化物質は必要のために食事で補いきれない栄養素として補助食品が注目されています。


進む予防とエイジングケア

エイジングケアやダイエットの業界において次から次へと新しいものが出てくるアメリカでは、がんで亡くなる人の割合では成果が出てきているものの、肥満度の割合ではなかなか思うような結果に結びついていないようです。大きな要因は普段の食生活にあるようですが、ニューヨーク市のように増え続ける医療費抑制の意味においてもエイジングケアを進める政府は食品の表示規制にも力を入れてきています。


アンチオキシダント抗酸化物質に人気の秘訣

アンチオキシダントやエイジングケアはどの時代でも世代の老若に関わらず幅広く支持を集めています。アンチオキシダントでも例えば脚光を浴びる植物系ポリフェノールやファイトケミカルの中でもベリー系の人気は高まる一方のようにさえ感じます。


ベリー系植物であれば様々な抗がん作用を持つファイトケミカルを豊富に含むことや、それらに含まれるエラグ酸が腫瘍の形成を阻害する強い働きをすること、若い世代や女性に人気のスーパーフードやローフードと呼ばれる食生活と美容やダイエットとの関係性も深く関係しているのではないでしょうか。


食品表示で知る動向

上記に記載したようにニューヨーク市のように継続的に新たな試みを導入することにアメリカは長けています。公共場所においての禁煙法やカロリー表示義務、レストランでのトランス脂肪酸(アレルギーや活性酸素を増加させやすいタイプの人工添加した食用油)の使用禁止、砂糖を多量に含む炭酸ジュースや清涼飲料規制もそれらの一環です。


最近ではアンチオキシダントやダイエットとは直接的な関係はありませんが、マーガリン等に使用される人工添加した油で身体に害となるとされるトランス脂肪酸を使用しない表示を食品パッケージに施すトランスファットゼロ、トランスフリー表示や、小麦粉に含むアレルギー源のグルテンフリー表示、近年ではアンチオキシダントと密接に関係するポリフェノール類等のフラボノイドカテキンビタミンEをはじめとする抗酸化物質がどの程度含まれるかと活性酸素吸収能力の分析値であるオラック値の表示も増えています。


サプリメントの生産

発送のサプリメントは1979年に設立され35年以上の実績を持つアレルギー対応サルリメントでおすすめされるアレルギーリサーチグループから新鮮かつ本格的なサプリメントを直送にて配達いたしております。

ページトップ