長寿のための食事は炭水化物を増やしてタンパク質を減らす?

2022年11月11日

伝統食事の健康栄養素

人間の健康と長寿を最適化する食事については今までも研究されてきましたが、特定されたという文献が見つかりました。

健康的に過ごす長寿と食事についての調査は長年にわたって述べられてきましたが、今回の報告はどのような内容でしょうか。

まずは、減量やスタイル維持のためのダイエットには、タンパク質を大目に摂るという話を聞いたことがあるかもしれません。

ですが、長寿のための食事方法においては、少しそれらとは意味合いも食事の内容も少々異なることも考えられます。

長寿のための食事方法とはどのようなものでしょうか?

長寿のための食事とは!?

人間の健康と長寿を最適化する食事について、研究が重ねられてきました。

その食事とは、動物性タンパク質が少なく、炭水化物が多いというものでした。

さらに、絶食期間をとる食事が、長期的な健康と寿命にとって最も有益であることが報告されています。

研究では、健康寿命のための「共通分母の栄養パターン」を特定するために、細胞から疫学的な観点まで、何百もの栄養研究が見直されたようです。

そして、中~高レベルの未精製の炭水化物、少量ではあるが十分な植物性タンパク質、および定期的な魚の摂取が、寿命と健康寿命に関連していることを発見しました。

この食事の特徴は、単なる減量への戦略としてではなく、栄養を十分に摂るライフスタイルとして意図されており、ここに示された食事は、長期的な健康と長寿を目的に選ばれた食品によるものです。

長寿のための具体的な食事方法

研究は、短命種の栄養と老化の遅延、カロリー制限、絶食、などのさまざまな研究を分析されながら行われたようです。

細胞研究や動物研究、臨床研究や疫学研究まで、さまざまな角度から栄養と食事が分析されました。

その結果、研究者は「長寿の食事」には以下が含まれることを発見したことが報告されています。

-マメ科の植物と全粒穀物が豊富な基本的にベジタリアンの食事

-ナッツやオリーブオイルなどの植物性脂肪を30%摂取

-65歳までは低タンパク質食、その後は適度なタンパク質摂取

-低糖と精製炭水化物

-赤身肉や加工肉は不使用

-1日12時間の食事と12時間の断食

-5日間の断食を模倣した食事療法を1年に約3サイクル

さらに、特定のカロリー数を目標とするのではなく、BMIを25未満に保ち、理想的な性別および年齢別の体脂肪と除脂肪体重を維持することを目指すべきであると述べられています。

特に65歳以上の個人は、ニーズに合わせて食事を調整する必要があると書いています。

たとえば、65歳以上の人は、低タンパクの食事から虚弱になる可能性があるため少し位ずつタンパク質の摂取を増やしていくことも良いようです。

また、定期的な断食は、高カロリーの食事によって生じるインスリン抵抗性を逆転させ、血圧、総コレステロール、および炎症を調節できることも発見しました。

典型的な西洋の食事から、マメ科植物、全粒穀物、ナッツ類を豊富に含み、赤身肉や加工肉を減らした食事に変えると、60 歳から始めた場合だったとしても、平均余命が8年も延びることがわかったそうです。

まとめ

食品を薬として扱うことは議論の分かれるところではあるかと思いますが、最近の研究の多くは、食品の量、種類、そしてタイミングに注目することが健康にとっていかに重要であるかを実証しているようです。

もちろん、実際には、食事は個々のニーズと状況に合わせて調整する必要があると報告されています

最適な食事は、年齢、性別、遺伝学などの健康要因の相互作用に依存する可能性があるため、一人ひとりがその時の自分にとってどのような食事が最適かを考えながら摂ることが、何より大切なのかもしれません。

そのような考え方が、より健康や長寿への近道と言えるのかもしれません。

関連記事:
加齢に伴う免疫低下と食事や栄養
健康で長生きのための地中海式食事と伝統的な沖縄式食事
長時間座り続けるとがんへのリスクや寿命に影響!?

問い合わせる

引用文献:
Longevity diet: More carbs, fasting, and less protein

オンラインショップ