慢性炎症や痛みの症状を減らすコツやヒント

2021年04月07日

健康に食品と食べ物や食事

慢性的な炎症や痛みには関節炎や関節痛リウマチ、慢性的な痛みや継続したアレルギー反応などが含まれます。

慢性炎症や痛みなどの症状を減らすコツやヒントが報告されていますので、共有致します。

慢性炎症の症状や痛みを減らすコツやヒント

1 糖質を制限したり、減らす。

2 ファーストフードや加工され過ぎたた食品や食べ物、食事を制限する。

3 アルコール摂取量を制限したり、減らす。

4 虹色のような色とりどりの食べ物や食事を心がける(緑黄色野菜や果物)。

5 抗炎症で知られる食べ物や食事を増やす(オメガ3、きのこ類、緑茶、しょうが、にんにくなど)。

6 食べ物や食事の中でオメガ3摂取量を増やし、オメガ6脂肪酸を制限したり、減らす。

7 食物繊維の多い食べ物や食事の回数を増やして、乳製品などにアレルギー反応がある場合は牛乳をはじめとする乳製品を含む食べ物や食事を制限したり、減らす。

8 サプリメントで栄養素を補助する(マグネシウム、亜鉛、ビタミンD、ビタミンE、オメガ3、セレン、プロバイオティクス、プレバイオティクス、クルクミンなど)

9 BMI体重と体脂肪を健康的に維持できるようにこころがける。

10 時々胃腸の負担を減らすべく空腹時の時間帯を長くするようにこころがける。

11 睡眠を7-8時間は確保する。

12 週に5日は30分ほど身体を動かすようにする。

13 ストレスはほどほどに。

14 日光浴をする。

15 体温を落とさないように冷たい飲み物や食べ物を制限する。

16 お風呂やサウナなどで身体を温める習慣を付ける。

17 お風呂上りなどにストレッチなどを行って、こわばりや硬さから筋肉をほぐすようにこころがける。

など。

 

慢性的な炎症や痛みを減らすコツやヒントは他にも考えれば沢山出て来ます。

無理をし過ぎてストレスが溜まっては、逆効果になることも考えられますので、バランスを保ちながら行うことがおすすめです。

 

引用:pubmed:30609922

pubmed:26287637

pubmed:12442909

Tips to manage and address chronic inflammation Health Means発行冊子

オンラインショップ