胃潰瘍予防や治し方におすすめされる方法とは?

2020年02月12日

食べ物と健康

胃潰瘍の予防や治し方におすすめされる方法が紹介されています。

胃潰瘍といえばストレスが一般的な印象ですが、食べ物や食事の原因やおすすめは知っておくと対処できることもあって便利です。

胃潰瘍の症状と胸焼けや胃酸との関係:

胃潰瘍と聞くと、胃の中に穴が空いたようなイメージが当てはまるかもしれません。
出血を伴い、痛みが有ったりといった症状も考えられます。
胃の中の胃酸は一般的にはpH値が1.3~5で、すごく酸が強い印象です。
その数値以上にpH値が上がると、アルカリ性に傾き、胃の上のほうにある扉の働きをするような弁が適切に閉じられるように身体はつくられています。
そうなることで、酸は下から上に流れることができるようにできているのだそうです。

 

胃潰瘍の原因を知ることは予防にもつながる:

胃潰瘍になる原因は何が報告されているのでしょうか?

原因として報告されている例の中には下記のようなものがあります。

-ストレス:

最初に思い浮かぶのは、ストレスが一般的にかもしれません。
ストレスによる消化不良も大きな原因のようです。
専門家は、食べ物を食べたり、食事をする時は、怒らずにリラックスして食べ物や食事を楽しむことをおすすめしています。
そうするとで、食べ物の消化や分解がなされやすくなると考えられています。

-ピロリ菌:

日本人は特にピロリ菌が強いともいわれます。
ストレスが大きいとピロリ菌の働きも関係が増してくるようです。

-非ステロイド性抗炎症薬:

炎症を抑える抗炎症薬、痛みを抑える抗鎮痛薬、熱を抑える解熱薬剤が考えられています。
知られる薬では、ロキソニン、バファリン、アスピリンなどが念頭にあるようです。
紹介された文献では、よく処方されるある種の薬については、一般的な病院で不要と思われたり、効果的でないとされるなどの適切ではない薬の処方が最大71%とも報告されています。

-食べ物や食事:

上記のような状況が報告される一方で、他の原因の1つとして、食べ物や食事が原因とも考えられています。
又、その一方では、胃潰瘍や痛みが改善に向かうことになるのも食べ物や食事とも言われます。
食べ物や飲み物の中でも、とりわけアルコール、高カルシウム、保護力や抗酸化力に関わるビタミンEの栄養価が低くなる精製加工食品、野菜不足が例に挙げられています。

胃潰瘍におすすめの食べ物や食事と栄養素:

原因がある一方で、胃潰瘍予防にもおすすめされる食べ物や食事、栄養素も存在します。

胃潰瘍はビタミンE以外にもビタミンB1,B2.B6,B12,ビタミンC,葉酸などの栄養素が関わることが多いとされるため、野菜が多い食べ物や食事ががおすすめです。

その中でも今回おすすめされた食べ物と食事に含む栄養素は下記のとおりです。

-キャベツ(発酵キャベツやキャベツジュースなども)

-クロロフィル(緑色の葉ものなど濃い緑の野菜)、

-カリウムとナトリウム(食べ物や食事を消化させるために使用される)。

-亜鉛

-ポリフェノール

-間欠的断食(インターミッテッド・ファスティング)と呼ばれる、一日の時間を活用して食事と食事の時間を短くして、空腹の状態を長く保つ食事の方法。

 

情報源:
PMID: 17592004
PMID: 26074689
エリックバーグ博士の講義 How to fix a stomach ulcer

 

ビタミンEとは?

クロロフィルとは?

カリウムとは?

亜鉛とは?

ポリフェノールとは?


Notice: Uninitialized string offset: 0 in /wpvol1/HTTP/i/interp.ai.shopserve.jp/docs/wp/wp-includes/class-wp-query.php on line 3331
オンラインショップ