Homeクの成分クロロフィル

【クロロフィル chlorophyll】

植物などに含まれている緑色の色素

クロロフィル入りサプリメント

クロロフィルとは?

クロロフィルは、植物などに含まれている緑色の色素である「葉緑素」のことを言います。

食べ物では、緑黄色野菜や海草類などに多く含まれています。

植物の葉が緑色をしているのは、葉の中にクロロフィルが含まれているためです。

植物が光合成をするために必要不可欠な要素で、強い生命力と抗酸化作用に加えて、浄化作用を持っています。

クロロフィルには血液中のコレステロールを抑える働きや、体内の老廃物を体外に排出する働きなどがあります。


ガストロ・クレンズ
ガストロ・クレンズ

ガストロ・クレンズ


オオバコ(サイリウムハスク)や活性炭、乳酸菌(ラクトバチルス菌)など8デトックス栄養素。

GI(胃腸)クレンジング
GI(胃腸)クレンジング

GIクレンジング


GI(胃腸)クレンジング(洗浄) ヨーロッパ伝統の9種類の伝統総合植物由来エキス。


クロロフィルの歴史:

葉緑素研究の歴史は1817年にまでさかのぼります。

フランスの科学者、ピエール・ジョセフ・ペルティエらにより、植物から抽出した緑色の色素がクロロフィルと命名されました。

この後クロロフィルの分離の研究が始まりました。この研究はとても難しいものでしたが、ドイツの生化学者、ウィルシュテッターらがクロロフィルの分離に成功して分子構造をの明らかにし、1915年にノーベル化学賞を受賞しました。

その後もクロロフィルの研究は続けられ、1939年にドイツのハンス・フィッシャーらによりクロロフィルの正しい構造式が発表されました。


豆知識:

クロロフィルは細胞の中にあるため、緑色野菜や海草などの摂取では、細胞を壊してクロロフィルを働きやすくすることにより、効果的に摂取できます。食材には熱を通すことと、小さく切ったりミキサーにかけることで、クロロフィルの細胞壁が壊れ、より効果を発揮しやすくなります。


こんな方におすすめ:

お肌のブツブツ、ざらざらが気になる方や、お腹の調子がスッキリしないと気になる方、規則正しく整えたい方、また、ニオイなどの対人エチケットが気になる方にもおすすめです。


クロロフィル入りサプリメント:

クロロフィルだけにとどまらず言えることですが、栄養素は一般的な他の食べ物と同じように抽出、生産工程、時間や光、酸素、保管方法をはじめとする環境によって酸化します。そのためにインターフェニックスでは新鮮なサプリメントを一流ブランドで知られる1979年設立のアレルギーリサーチグループより、直送にて配達致します。

ページトップ