ビタミンB6 Vitamin B6

ビタミンB6

ビタミンB6とは?

ビタミンB6 (Vitamin B6) は必須のビタミンB群に数えられ、栄養素としては脂肪の代謝やたんぱく質の代謝にも使われる水溶性のビタミンです。

ビタミンB6の働き

脂肪やタンパク質の代謝には欠かせないビタミンB6は腸内細菌によってつくられる栄養素です。
体内で私たちの身体を支える筋肉や基礎になる血液、ダイエットにもつながる脂肪と関連して働く栄養素として知られるのがビタミンB6なのです。

具体的なイメージとしては、お肉や豆類に含まれるたんぱく質を食べた時にエネルギー源としてビタミンB6が使われたり、お酒を飲んだ時に肝臓で脂肪が溜まらないようなサポートをする栄養素です。
またアレルギー体質の人はビタミンB群の中でもB6の不足も報告されています。(ページ下部に続く)

■発送するビタミンB6の特徴:

天然派生する植物から抽出されたビタミンB6やB群でアクティブな活性酵素状のビタミンB6で高吸収と、臓器への負担をかけずに消化吸収が期待できます。またアレルギー反応成分や人工的な添加物や凝固剤、香料、着色剤をはじめとするサプリメントに不要な成分をできる限り含まずにつくられたビタミンB群入りサプリメントです。

■食品に含まれるビタミンB6:

にんにく、レバー、酒粕、まぐろ、かつお、バナナ、とうがらし

■豆知識:

ビタミンB6はタンパク質の分解を促進する働きがあり、タンパク質を多く摂る人ほど必要です。果物ではバナナに含まれており、アスリートが栄養補給にバナナを食べるのはビタミンB6の補給にもなります。

■ビタミンB6の過剰摂取:

栄養素としてのビタミンB6は普段の食事で補えると説明されることが多いと思います。不足すると体内での炎症が発生しやすいといわれる反面、薬やサプリメントでビタミンB6の単体を摂取する時は摂取量を多くし過ぎないことが大切です。
Bコンプレックスのような総合ビタミンB群をサプリメントで補う際の過剰摂取の心配は発生しにくいと考えられます。仮に多く摂取しすぎた場合には、ビタミンB群は水溶性の為に働きを終えた後に排出されます。
そうでない場合でも、尿が黄色くなることが確認できるのはB群の栄養素によるものです。

■こんな方に:

アレルギーに反応する食品は苦手かも。ヒフが赤くなったり、ボツボツとできやすいほう。お酒をたしなむほう。何かと心配事やストレスが多い、薬やピルを飲むことがある等。

■保管で気を付けたいこと:

発送するビタミンB6入りサプリメントは光や酸素、熱等に敏感で弱いためにフタはしっかりと閉めて冷暗所にて保管ください。開封後は早めに飲み終えてください。

■健康に関する文献報告:

エイジングケア特集ダイエット特集ハーブエキスより健康のために栄養素食べ物や食事

上へ