ゲップや消化不良の原因を知るヒント

2019年01月16日

典型的なインドのカレーとナン Typical Indian curry set

ゲップや消化不良のような症状が出ることは誰にでもあることかもしれません。

原因も様々考えられるかと思いますが、専門家の報告からヒントを考えます。

ゲップや消化不良の原因は食べ物や食事、生活習慣?:
ゲップだけに限らず、ガスが出たり、胃の中で食べた食べ物や食事が動かずにとどまっているような症状を経験したことはありますでしょうか?
多くの場合、どうやら食べ物や食事の内容、それに生活習慣などが原因となっていることが考えられるようです。

食べ物と臓器の関係:
では、どのような食べ物や食事が関係していると考えられているのでしょうか?
1つの例として挙げられる機会が多いのは、酵素を含む食べ物のように自然界の食材や食べ物に含まれている食事を食べていない、またはその機会が少ない場合です。
自然界に含まれている食材、例えば野菜や果物などには、鮮度にもよるものの、加熱や加工をしていないそのままの状態であれば、その食べ物の中に酵素は含まれていると考えられます。
酵素が豊富に含まれている場合には食物繊維などの栄養素もその中に含まれており、消化や吸収がなされやすいことが考えられそうです。

ただし、腸内環境が悪い場合には食物繊維や発酵食品などが体内に入った場合に、十分に消化や吸収ができない場合もあるかもしれません。

その一方、ゲップや消化不良の原因として挙げられることの一例としては、やはり加工された食品や食事を繰り返したり、アレルギー反応がある食べ物や食事を繰り返している場合に発生していることも考えられそうです。
あくまでも食べ物や食事の原因の一例といえるかと思いますが、私個人の経験でも野菜や果物を含む食べ物や食事が基本となっている場合の方が、ゲップや消化不良の経験が少ないことが一般的のようにも思えます。

食べ物は食べた後に様々な臓器が使われることが関係している可能性も考えられそうです。
例えば、胃の目的はゲップや消化不良の原因にもなっている食べ物の分解をする働きを担ってくれています。

食べ物や食事によって胃への負担が変わることが考えられますが、特にたんぱく質を分解して、大切な身体をつくる栄養素となっているカルシウムや鉄分、カリウムをはじめとするミネラル栄養素などの吸収が関係していることが報告されています。

また胃酸が十分でない場合には、胆汁が出にくくなることで胃が張ることも考えらえますので、結果としてゲップやガスが出やすい状態になることも考えれそうです。

ゲップや消化不良の症状がありながら、同時に右肩が痛くて上がりにくい状態の場合には、胆のうの働きが一時的に弱くなっていることも考えられるのかもしれません。

すい臓またはパンクレアスは酵素を分解してくれる臓器でもありますので、ゲップや消化不良の症状とも関連していることも考えられるかもしれません。

そのように食べ物や食事と臓器は深い関係にあることも報告されています。

食べ物や食事以外での生活習慣では、寝不足やストレス過多の状態が続く場合などにおいても、消化不良のような症状が発生しやすいともいわれます。

気になる場合には、食べ物や食事、生活習慣の見直しがおすすめといえます。

またそのような状態や症状が続く場合には、かかりつけ医にご相談されてみるのも良いかと思います。
参考にした情報:
エリック・バーグ医学博士の教育セミナー
Bloating, indigestion, conspipation acid reflux
2016年12月27日

オンラインショップ