カンジダ菌過多の症状例と腸内菌の影響におすすめ

2018年07月11日

野菜の食べ物と栄養素

カンジダ菌のバランスの崩れでも多いカンジダ菌過多に良く報告される症状例があります。

腸内環境でも腸内菌の影響もあって、食べ物や食事、食習慣や生活習慣にも大きく左右されることもわかっています。

生活習慣とカンジダ菌:

カンジダ菌というと何となく怖いイメージがあるのかもしれませんが、カンジダ菌そのものについては、私たちの体内に一般的に生息しているものです。
皮膚にも粘膜にも消化管などさまざまな場所に生息していることが報告されていて、特に怖がるものでもありません。
留意しておきたいのは、カンジダ菌が様々な原因によって、異常に増殖をきたした時にどう対応していくかということが大切なようです。

 

カンジダ菌は遺伝にも関係?

カンジダ菌は遺伝とも関係があることも報告されているようです。
例えば、男性よりも女性の方が遺伝的にはカンジダ菌の影響を受けやすいといわれます。
また、何らかの理由で、家庭内や日ごろの生活で抗菌をうたうものを利用することで良い意味でもそうでない意味においても、バクテリアとの関係が崩れることが原因でカンジダ菌にも影響を与えるという報告もあります。
遺伝的に、または家族で長年にわたって同じ生活をしていて、かつ同じような食べ物や食事をすることによって似たような症状や病歴を持つ家庭で、特に腸内にも関係がある場合には、同じように遺伝的な連鎖が発生することもあることも考えられそうです。

 

腸内菌との影響:

カンジダ菌は腸内の菌の影響を受けていることがわかっているようです。
特に腸内菌と症状のつながりを考えた場合においては、便秘や軟便、または下痢が続いたり、交互にきたりする場合には腸内の菌のバランスが崩れていることが考えられるために、カンジダ菌過多になりやすい状況にあるともいえます。
最近の報告の中には薬の過剰摂取や強い薬との関連性も報告されることもあり、化学療法やHIV、AIDS、抗生物質の過剰摂取などの場合は、カンジダ菌が繁殖しやすい状況になるという報告もあります。

 

カンジダ菌過多の場合の症状例:

カンジダ菌過多に傾いている場合に紹介されることが多い症状例があります。
下記のような症状に多く当てはまる場合には、食べ物や食事の内容、生活習慣を見直してみたり、かかりつけの先生にご相談してみはいかがでしょうか?
-便秘や軟便、下痢になりやすい、続くこともしばしば。
-糖類や炭水化物類を間食したくなる。
-疲れやすい、あるいは慢性疲労、副腎疲労など。
-湿疹や蕁麻疹が皮膚に現れやすい。
-免疫が下がりやすく、体調を崩しやすい。
-ガスやゲップが出やすい。
-片頭痛が起こることが多い。
-息のにおいが強い。
-関節に炎症があって、痛むことが多い。
-イースト菌など感染することがある。
-アレルギー反応が醜いことが多い。
など

 

食べ物や食事で留意しておきたいこと:

カンジダ菌過多になりやすい食べ物や食事の中には、甘い糖類が良く例に出されます。
砂糖そのものも例に出ますが、腸内の菌に影響がより大きいといえるのは、人工的な甘味料やブドウ糖などが食べ物や食事で多く摂取される場合には留意が必要といえそうです。
特に菓子パン類や白い麺類をはじめとする加工食品、遺伝子組み換え食品、人工的に作られた油などには留意が必要とされています。
できるだけ、自然界にある食べ物や食事を心がけることがおすすめされています。

 

参考にした情報:
カンジダサミット2018
ケン・ブラウン医学博士へのインタビュー
2018年7月10日米国開催

あなたにおすすめの記事:

カンジダ菌を食べ物で改善したい人に避けたい食品例や食事

 

カンジダ菌が増えすぎる原因や症状とおすすめ

 

カンジダ菌成長過多の原因と見分け方

 

寄生虫やウィルスとカンジダ菌予防の共通におすすめ

 

カンジダ症のカンジダ菌過多におすすめと避けたい食べ物で予防

 

カンジダ菌過多に学ぶ改善と予防策

オンラインショップ