カンジダ菌を食べ物で改善したい人に避けたい食品例や食事

2018年09月07日

小麦グルテンアレルギー

カンジダ菌を食べ物や飲み物をはじめとるす食材や食品から食事にいたるまで改善のために避けておきたい食習慣の例が海外では豊富に報告されています。

食文化は違うものの、カンジダ菌対応に日本でも共通する食べ物や食品例をご紹介します。

 

カンジダ菌の症状やアレルギー反応:

カンジダ菌は、体内に共に生活する酵母の姿をしている菌類の一種で、言ってみれば共に生活をしてくれている共生菌や常在菌、あるいは真菌類で、わたしたちの体内に生息している菌であることがわかっています。

特に多く生息することで知られるのはカラダの表面、消化器官、女性で多いとされる膣粘膜などが報告されています。

そのカンジダ菌がなぜ近年になってまるで悪者かのような扱いを受けているかというと、体内のそれらのカンジダ菌が増えすぎることで過多状態になった場合に、さまざまな症状として出てくることが原因です。

カンジダ菌過多の状態の症状の例としては、皮膚ではかゆみや感染、アレルギー反応や日本でも多い花粉症をはじめとする症状が出やすくなることが考えられそうです。

 

カンジダ菌と食品や食材をはじめとする避けておきたい食べ物:

カンジダ菌が増えたり減ったりする原因というか要因になっているのは、食品や食材をはじめとする食べ物が主なところで、何を食事の中で選ぶかによって身体の中に存在しているカンジダ菌の働きが変わってくるといえます。

カンジダ菌過多のための予防や改善に避けておきたい例とされる食品や食べ物の例は下記のとおりです。

・人工的な糖類も含む糖類を含む食品や食べ物、食事。

 

・精製された炭水化物類を含んだ食品、飲み物、食べ物、食事。

精製された炭水化物で最も代表的な食べ物の中にはパン類、麺類、ご飯類が含まれます。

 

・ドライフルーツとそれらを含む食品や食べ物。

 

・フルーツジュース類の飲み物。

健康的なイメージのフルーツジュースですが、カンジダ菌のエサになることに加えて、空腹時に飲むことで血糖値が急速に上がるために、特に甘いフルーツが入ったジュースや糖類が含まれる場合には留意が必要です。

 

・アルコール類。

特に甘さがあるアルコール類やビールなどのように麦からできている場合にも留意が必要とされています。

 

・発酵食品類。

発酵食品は一般的には健康的な食べ物として知られています。
ただし、カンジダ菌過多の場合には確認が必要といえそうです。

また、サッカロマイセスなどカンジダ菌に関係しない菌以外は注意することがおすすめです。

 

参考にした情報:

10Foods to fight Candida
エミーマイヤーズ医学博士公式ホームページ
2018年7月の報告

 

カンジダ菌過多の症状例と腸内菌の影響におすすめ

 

カンジダ菌が増えすぎる原因や症状とおすすめ

 

カンジダ菌成長過多の原因と見分け方

 

寄生虫やウィルスとカンジダ菌予防の共通におすすめ

 

カンジダ症のカンジダ菌過多におすすめと避けたい食べ物で予防

 

カンジダ菌過多に学ぶ改善と予防策

オンラインショップ