睡眠不足や不眠症状が痛みや不安レベルを引き上げる?

2023年11月10日

睡眠と健康予防

睡眠不足は世界的な問題として認識されているようです。

現代人は睡眠不足の人が多いことがわかっており、成人の約3分の2が不眠症の症状を経験するとも言われています。

十分な睡眠が取れていない人は、頭痛、片頭痛、腰痛などの体の痛みを頻繁に感じることがよくあるようです。

なぜ睡眠不足が体の痛みを引き起こすのでしょうか?

マサチューセッツ総合病院の研究者によると、睡眠不足の間に減少する特定の神経伝達物質が関係していると考えられているようです。

睡眠不足と痛みとの関連について探ります。

睡眠不足が痛みを促進する?

体の色々な部分の痛みは誰もが経験するものですが、通常は時間の経過とともに消えていきます。

しかし、痛みが止まらず続く人もいます。通常、3~6か月以上続く痛みは慢性痛とみなされます。

一般的な慢性痛の種類は次のとおりです。

-関節炎
-首の痛み
-背中の痛み
-線維筋痛症などの全体的な筋肉痛
-頭痛および/または片頭痛
-瘢痕組織の痛み
-がん関連の痛み
-脊髄損傷
-糖尿病性神経障害

研究によると、これらの痛みと睡眠不足とには密接な関係があるようです。

研究者らは、睡眠不足により脳のNADAと呼ばれる神経伝達物質の量が低下し、その結果、痛みに対する感受性が高まる可能性があることを発見しました。

過去の研究では、慢性的な痛みが睡眠不足の原因と結果の両方である可能性があることが示されています。

睡眠不足は痛みを悪化させ、慢性的な痛みは不安や憂鬱、また慢性的な痛みのことで頭がいっぱいであるために患者を不眠症にする、悪循環となっている可能性があるとも報告されています。

睡眠不足によって引き起こされる痛みの治療

慢性的な痛みと睡眠不足の間に相互作用があるという発見は、将来、睡眠不足に伴う慢性的な痛みの予防または軽減に役立つ可能性があると考えられています。

睡眠不足によりNADAのレベルが低下し、それが痛みの上昇につながったということは、身体が生成する脳内化学物質NADAを使用して痛みを軽減することとつながります。

この脳内化学物質(NADA)は、パーキンソン病、アルツハイマー病、多発性硬化症、てんかんなどの慢性疾患に関与している可能性があるため、これらの疾患に関する研究は、より良い治療選択肢につながる可能性があるとも言われているようです。

より良い睡眠のためのヒント

良い睡眠を摂るためのヒントには、次のようなものがあります。

-毎日の入眠時間、起床時間を設定して維持する。
-ベッドは基本的に睡眠以外では使用しない。
-寝室を薄暗く、または照明なしで涼しく騒音のない状態に保つ。
-枕、シーツ、毛布なども快適に保つ。
-寝る前に興奮したり、暴力的なものを見たりしない。
-就寝前にお風呂に入ってリラックスするか、熱めのシャワーを浴びる。
-カモミールや温かいミルクなど、心を落ち着かせる温かい飲み物を飲む。
-夜の時間や就寝前にストレスのかかる出来事、議論、議論の電話などを避ける。
-可能であれば夕方以降の時間帯のカフェイン入りの飲み物は避ける。
-もしカフェイン入りの飲み物を飲む場合は、午後の早い時間までに飲む。
-定期的な運動をする。
-健康的な食事をとる。
-瞑想。
-リラクゼーションテクニックを実践する。

良い睡眠(リカバリータイム)をとることは痛みを軽減し健康寿命を延ばすことにもつながるかもしれません。

もし、これらのことを実践する上で痛み、不安、腫れ、息切れ、心不全など、睡眠に影響を及ぼす医学的問題がある場合は、いろいろなことを試す前に医師に相談することをまずおすすめします。

関連記事:

睡眠の質を自然に上げるのに役立つ朝の時間の過ごし方のおすすめ
睡眠不足予防や熟睡を目指したい人におすすめ
睡眠時間と脳の働きにおすすめの食べ方と栄養素

問い合わせる

引用文献:

How sleep loss may lead to heightened pain sensitivity

オンラインショップ