小麦アレルギー反応からグルテン不耐性や過敏症とセリアック病

2019年12月16日

子供の健康

小麦にアレルギー反応を示す人の数が増えています。

小麦のたんぱく質のグルテンは日本でも耳にする機会が増え、グルテン不耐性や過敏症、セリアック病などの症状も同時に増えているようです。

 

米国から診る日本への影響:

米国はヘルスケアや医療の機械から技術、薬の開発や研究など世界の最先端を行くものが日本同様にいくつもあることで知られます。

それでも、医療費や保険料も高止まりし、一般人にとっては、生活費を圧迫する原因につながっていると報じられています。

また、健康効果に至っては、53か国中で下から5番目という結果で、近年はダイエット以外に食べ物や食事の大切さを肌を持って感じる人が増えているように思います。

その影響は遠く離れた日本にも影響を及ぼし、ファッションだけでなく、文化や食の影響を受けていると言えそうです。

 

 

日本でも増える小麦やグルテンの症状:

冒頭にもお伝えしましたとおり、日本でも小麦をはじめとするグルテンたんぱく質の影響を受けていると考えられそうな症状や病気も増えています。

その中には小麦アレルギー反応、グルテン不耐性や過敏症、セリアック病など昔はあまり耳にしてこなかった症状や病気も含まれます。

グルテンフリーという小麦などのグルテンたんぱく質を抜く食べ物や食事が日本でも人気です。

 

 

セリアック病について:

小麦アレルギーやグルテン不耐性、グルテン過敏症は何となく想像ができそうですが、セリアック病とは何なのでしょう?

セリアック病は、遺伝的遺伝子の型や自己抗体を特徴としたグルテン誘発性免疫介在性腸の症状で知られます。

小麦などのグルテンを副オム穀物を摂取することの影響を受けた症状で、腸の内外の症状が主に知られるところです。

腸の外では神経とのつながりや影響についても議論されています。

特に集中力や記憶力の低下、ボッとするが長くなる英語のブレイン(脳)フォグ(霧)も共通する症状に挙げられます。

それらは小麦やグルテンが原因であることを特定することは、とても困難といえます。

 

ただし、セリアック病に関わらず、小麦アレルギー反応からグルテン不耐性や過敏症などにおいてもグルテンを含まない食べ物や食事を実践することだけでも、症状が改善されることも少なくないと報告されることからも、残念ながら関連性はありそうです。

 

また、腸内環境を良くしたい場合は、小麦やグルテンを抜く上に、アレルギー反応や不耐性の原因になるような特定の食べ物を抜くこともおすすめされます。

 

それに、近年では、それらの人にバランスが崩れやすいとされるオメガ3のような良質な脂質、発酵食品などに含まれるプロバイオティクス、酪酸菌、ビタミンB群やビタミンDなどの栄養素を含む食べ物を増やすこともおすすめされています。

 

説明:オメガ3脂肪酸、 プロバイオティクス、 酪酸菌、 ビタミンB、 ビタミンD

 

参考にした情報:
PMID: 28809572
PMID: 28810029
PMID: 28244662
PMID: 26605783
PMID: 30477107
The autoimmune disease(自己免疫疾患)solution(解決)英文ドキュメンタリー 2018年1月5日


Notice: Uninitialized string offset: 0 in /ht_root/wpvol1/HTTP/i/interp.ai.shopserve.jp/docs/wp/wp-includes/class-wp-query.php on line 3331
オンラインショップ