疲れやすく病気になりやすい理由と電磁波の影響などの予防におすすめのヒント?

2019年12月13日

疲れやすく、病気になりやすい理由が挙げられています。

疲労や病気、電磁波の影響などからの予防に専門家がおすすめすることからヒントを学びます。

 

増えている化学物質:

私たちの生活は便利になった分、身体の健康に影響を与えることも中にはあるようです。
多くの専門家が挙げるのが、増えている化学物質です。
報告によると、現代では赤ちゃんが生まれる前に216種類もの化学物質が既に体内で発見されているとのことです。
別の報告では、アメリカでは一年に平均すると一人あたり120キロもの化学物質を取り入れる計算になるとの指標があります。
心配なのは、新たな化学物質が人体に影響するかどうが判明するには15年程度必要で、その間に既に販売されているという事と言われます。

 

現代生活は病気になりやすい?:

現在の生活は昔と違って、病気になりやすい生活環境が整っていると報じられます。
昔と違う例では、下記が挙げられます。
-座る時間が長い、
-太陽を浴びる時間が短い、
-屋内で過ごす時間が長い、
-車で移動が多い、
-エアコンを利用する期間が長い、
-人工的な物質が多い、
-電磁波が多い、
-環境が変化している、
-食材や食事が変化している、
など。

 

例えば電磁波の影響:

スマホが普及し、場所を選ばず、生活は豊かになりました。
スウェーデンの電磁を利用した簡単な研究が波紋を呼びました。
部屋の中にスプラウトを育成した誰でも手軽にできる研究というか、調査です。
部屋の中の環境を比較しただけの内容ですが、1つはWiFiがある環境、他方はWiFi環境が無い部屋の中です。
12日後にWiFiがある部屋では、スプラウトの芽が出ず、WiFiが無い部屋では芽が出たという結果だったようです。

 

電磁波の影響が考えられる病気予防に専門家がおすすめすることの例:

では、私たちに何ができるのでしょう?
簡単なこととして予防に専門家がおすすめすることの例が報告されています。
-家の電話はコード付きに、
-寝室にはWiFiを置かない、
あるいは、睡眠する時間帯は家のWiFiのスイッチを切る。
-ベッドを使用する場合は、金属よりも木製を選ぶ、
-長くいる部屋の素材はできる範囲で天然素材を選ぶ、
-電磁波を遮断するようなものを活用する、
など。

 

疲れやすい、あるいは病気になりやすい理由を知ったり、予防におすすめされる知識を学びたい場合、下記でも研究報告を観ることができます。
Bio Initiative Report.orgで検索してみてください。

 

引用した情報:
Live Longer Feel better エピソード2
Why we are toxic
英語開催
2017年12月1日


Notice: Uninitialized string offset: 0 in /wpvol1/HTTP/i/interp.ai.shopserve.jp/docs/wp/wp-includes/class-wp-query.php on line 3331
オンラインショップ