がん予防にリスクを12%下げるおすすめの内容の食事とは

2019年02月06日

健康食べ物と飲み物

がんの予防は誰もが気になることではないでしょうか。

がんになるリスクが12%下がるおすすめの食べ物や食事が報告されていますのでご紹介します。

がんが増えている日本と減っている米国:
日本では現在2人に1人ががんになることが報告されていることもあり、一般的にはとても気になる人が多いのではないでしょうか。
その一方でアメリカのように1990年代までは日本のような状況だったにも関わらず、その後はがんになる人が減っていることは興味深いといえます。
がんになる人が減った背景にはさまざまな報告がなされています。
最近報告されたばかりの予防についての食べ物や食事について知ることで大きな予防の流れがわかるのではないでしょうか?

Cancer Research(がん研究)の報告:
具体的ながん予防として、がんになるリスクを12%減らした調査が報告されています。
その報告は2018年8月のCancer Research(直訳で、がん研究)によって、報告され、アメリカでは特に話題になりました。
がんに特化した研究と報告が記載された内容ですが、内容を見ていると、日ごろの食べ物や食事、食生活についてです。
がん予防だけに限らず、一般的な症状や病気についても予防が出来そうな内容ですので、我々日本人にも当てはまる点が多いかもしれません。

がん予防とリスクを12%下げる食べ物や食事、食生活とは?:
以前から世界のがん研究財団であるワールド・キャンサー・リサーチ・ファンドの報告からは、一定の食べ物や食事をおすすめされてきています。
がんを予防するためのそれらの食べ物には、下記が含まれ、又おすすめされています。
・植物性の食べ物や食事を中心とする、
・穀物は全体あるいはそれに近い状態、
・野菜、
・果物、
・マメ科に属する豆類野菜の食事、
・果物、
・赤みや加工肉の制限(1週間の間に18オンス以下に抑える:常用グラム計算では1週間に510グラム以下)、
・加工食品を可能な限り食べ物や食事、食生活から減らす、
・砂糖で甘くした飲み物やアルコール類を減らす。

上記のおすすめは調査によって割り出された内容のようです。
研究では、8年間にわたって、40歳とその年齢以上に値するがんと診断されていない約42,000人を対象とした調査から導き出された内容のようです。
研究者らが導き出した結論として、特に前立腺や臓器に対するがんについては明らかに上記の内容でがんの予防になるようです。
がんの予防やリスクをさげたい人にとっては、食べ物や食事、食生活で大きく変わる可能性も考えられるのであれば、おすすめの内容と言えそうです。
参考にした情報:
ハーバード・メディカル・スクール
ハーバード・ヘルス・パブリッシング
2018年11月出版分
Specialized diet gets high marks for preventing cancer

オンラインショップ