心配や不安な気持ちを自然に和らげたり減らすおすすめの方法

2018年11月30日

健康

心配事や不安の気持ちは誰にでもあるのではないでしょうか。それらの気持ちを和らげたり、減らしたりするために日ごろの食べ物などの食事や生活環境でおすすめされる方法が報告されていますので共有させていただきます。

不安な気持ちや心配事を考えることが増えている?:
昔と比較した場合に、多くの人にとって不安な気持ちや心配な気持ちが増えていることが少なくともアメリカでは報告されています。
最近の報告によると、アメリカでは成人人口の18%にあたる4,000万人の人が定期的に心配性の状態にあるとのことです。
また、男性よりも女性の方が心配性にかかりやすく、女性は男性と比較した場合に約2倍程度不安な気持ちや心配な気持ちが出やすいとのことでした。

様々な理由があるかと思いますが、少なくとも昔よりも近年の方が心配性になりやすい理由の1つはスマートフォンやSNS、それにそれらに関わる電磁波との関係もあるとも報じられています。

今回は、自然な方法で不安な気持ちや心配な気持ちを和らげたり、減らしたりする可能性を持っている食べ物や食事方法、生活習慣などについて紹介されていますので、下記にご紹介させていただきます。

・太陽の光を浴びる時間を増やす:
以前よりも私たちの生活では、太陽の恩恵を受けていない生活習慣になっているです。
太陽の光に浴びる時間が短くなるに連れて、気持ちも沈みやすくなることも報告されているため、心配や不安な気持ちも増える原因になっているのかもしれません。

冬の期間中に太陽の光が短くなる北欧などの国々では、それ以外の季節に太陽の光を浴びる時間を意識的に増やしたり、人によってはビタミンDを摂取したりして、何かと予防を心がけています。
私たちの国では一年を通して日光浴をする時間に恵まれていますので、利用したいものです。

・スマートフォンを利用する時間を調整する:
スマートフォンはとても便利で、年齢が若くなるに連れて、特に身近な存在となり、肩身離さず持っている人も少なくないかもしれません。
スマートフォンの登場によって、直近10年間だけでも随分と生活習慣が変わったともいえるのではないでしょうか。
同時に健康面で留意しておきたいことも報告されているものの、あまりメディアでは出てこないように思います。

報告されていることの中には、電磁波による脳や神経、目などについての健康被害が一般的ですが、その他にも思考が変化することによって心配や不安な気持ちが出やすくなるともいわれます。
熟睡がしにくい経験や夜中に目が覚めることが増えた場合には、せめてお風呂から上がってからはスマートフォンの利用を控えるだけでも睡眠不足や睡眠障害の予防や改善につながる可能性もありそうです。
また、せめて寝室の中には電磁波を発するスマートフォンなどの端末は置いて眠らない方が睡眠の妨げになりにくいようです。

・お水を飲んで、流れやすい体調に整える:
お水を体内に取り入れることは、不安な気持ちや心配な気持ちのような自律神経との関りを整えるだけではなく、認知機能の予防にもつながることも報告されています。

・深呼吸をする癖をつける:
息や呼吸が浅い場合には自律神経も乱れやすく、不安な気持ちや心配な気持ちがある場合には、息が浅くなっている経験はありませんか?
深呼吸をすることは、脳にも到達しやすいことからおすすめされています。

・より良いイメージを持つ:
病は気からという言葉が存在しているように、不安や心配が多いと、何となく、そのような状況に進んでいきそうなイメージが出ます。

・腸内環境を整える:
自律神経と腸内環境の何が関係ているのか気になられるかもしれませんが、腸内環境が整うことは脳にも自律神経にも良い影響が出るだけではなく、全ての選択や言動にも変化が出ることも報告されています。

・アレルギー対応や食べ物に不耐性がある食品は避ける:
一定の食べ物にアレルギー反応が出たり、消化されずに不耐性があるような場合には、自らの免疫が身体をかばおうとしてくれていることも考えられます。
また、不耐性やアレルギー反応などの炎症は腸内に影響を及ぼすことも考えられますので、原因を取り除くことがおすすめされています。

・笑って楽しい時間を意識的に増やす:
小さなことでも感謝したり、有難いと思えると、微笑んだり笑ったりする時間が増えます。
笑いのヨガが存在するのは、笑うだけでも免疫力がアップしたりすることでもあるそうです。

不安な気持ちや心配な気持ちは、何かの原因があってのことかと思いますので、そんなに簡単に改善できたりというわけにはいかないかもしれません。
それでも、上記に挙げたことの多くは、お金もかけずに日ごろの食べ物や食事、生活習慣に注意をすることの積み重ねのためにおすすめです。
情報源:
Dr.Jockers.com
14 ways to reduce antiety naturally

オンラインショップ