多発性硬化症の症状と食べ物や食事のおすすめ

2020年10月14日

健康

多発性硬化症(MS)の症状やおすすめの食べ物や食事を理解することは、

日本でも増えている多発性硬化症の予防につながる可能性が考えられます。

多発性硬化症についての報告から健康のヒントを探ります。

目次:
増えている多発性硬化症(MS)
多発性硬化症と原因
多発性硬化症の症状例
多発性硬化症と食べ物や食事のおすすめ

増えている多発性硬化症(MS):

多発性硬化症は、日本を含む今までの歴史上、あまり多くの人がかかっていなかった国や地域でも、世界的に増えて来ていることが報告されています。
ちなみに日本では、世界的に観てもまだ10万人あたりの発症人口は2人程度とされるものの、欧米では既に10万人に100人以上の確立で多発性硬化症と診断されているようです。
多発性硬化症とは、体内の免疫が間違って中枢神経を攻撃することで発症すると言われます。
免疫やと中枢神経などとの関りが大きく、世界で若い年齢層の神経障害につながっているのもその原因と関連性があることが報告されています。
MSの症状がある場合、一般的には神経が放つ電気信号を送る能力が低下するのだそうです。
では、多発性硬化症の原因の前に、なぜ世界的にこれほどの症状を訴える人が増えているのでしょうか?

多発性硬化症と原因:

一般的にMSとも呼ばれる多発性硬化症が増える原因や背景は、未だに決定的に明らかになっていないようです。
ただし、その中でも、原因として可能性が高い要素が徐々に報告されてきていることも確かです。
例えば、遺伝子と環境の組み合わせは大きな原因の1つとして報じられます。
他にも、タバコ、小さい時に肥満だったころ、ウィルス感染が多い、ビタミンD量が低いなども多発性硬化症の原因として考えられるようです。
上記の原因として考えられるのは、近年では、いずれも世界的に当てはまりやすい状態にあるものばかりと言えるのではないでしょうか?

多発性硬化症の症状例:

では、MSと診断された人に共通する症状にはどのような症状の例が多いと言えるのでしょうか?
報告されることが多い中には、次のような症状が多いようです。
・関節などの痛み、
・慢性的な疲れ、
・気分の大きな浮き沈みや思考変化、
・食べ物や食品等のアレルギー反応、
・震えやしびれ、
・記憶力低下、
・ビタミンやミネラルなど栄養素の欠乏症、
・睡眠障害、
・消化不良など腸の不調、
・目に関する症状、
・骨粗鬆症や骨折、
など。

多発性硬化症と食べ物や食事のおすすめ:

では、多発性硬化症の予防観点からも食べ物や食事でどのような内容がおすすめされているのでしょうか?
報告では、下記のような食べ物や食事がおすすめ例に含まれます。
・漬物や味噌汁、納豆、ヨーグルトなどの発酵食品(アレルギーが無い場合)、
・ねぎや玉ねぎをはじめとする野菜類(ナス科:茄子、トマト、ピーマン、ジャガイモなど除く)、
・オメガ3脂肪酸が多い新鮮魚など、
・食物繊維が多い食べ物や食事、
・果物類、
・にんにく、
・豆科の食べ物や食事(大豆アレルギーがある場合は除く)、
・玄米や全粒粉など昔からの穀物類、
・レバーや高脂質などビタミンD栄養素が高い食べ物や食事、
・ホウレン草やアーモンド、卵、ブロッコリー等の食べ物や食事に多いビオチン(ビタミンB群)、
・ポリフェノールを含む食べ物や食事、
・高温調理や人工油など以外の自然な食べ物や食事、
など。

食べ物や食事で狭い範囲の栄養素で行う食事療法については、まだ多発性硬化症(MS)で決定的な内容は報告されていないようです。
多発性硬化症の症状が出ている場合は、食べ物や食事だけでの判断をせず、掛かりつけ医にご相談されることがおすすめです。

関連キーワード: 多発性硬化症/硬化症/MS/食べ物/食事

参考にした情報源:
30300239
27720001
30300457
15580470
15732263
メディカル・ニュース・トゥデイ公式ホームページ 記事315227

オンラインショップ