イースト菌感染症を取り除く除去対処に食事などの方法?

2020年10月07日

イースト菌感染症や真菌感染症が原因となる症状は日本でも増えているようです。

そのイースト菌感染症を取り除く除去対処に食べ物や食事などで対応する方法をヒントから学びます。

イースト菌や真菌の感染症と男女差:

イースト菌が原因で発生する感染症については、真菌感染症の一般的な類に分類されています。
特に男性よりも、女性に多い感染症で知られ、報告によっては、4名に3名が人生のうちに1度は感染するとも伝えられています。
イースト菌という言葉から連想されるように、カンジダ菌などをはじめとする酵母が原因となっていることも一般的と考えられています。

イースト菌感染症や真菌感染症の症状例?:

それでは、それらの症状例には、どのようなものが含まれているのでしょうか?
一般的に多い症状が、性器や膣のかゆみや痛み、熱を持った皮膚、赤くなった皮膚、炎症、トイレの際の違和感、発疹、乾燥、腫れ、白い液体などが報告される症状例といえます。
ストレス、睡眠不足、疲れ、食べ物や食事の際のアレルギー反応などの原因や引金となることが報告されています。
食べ物や食事の後、数時間から72時間程度の間に急に上記のような症状が出る場合には、食べ物や食事にアレルギー反応を伴って引金になったことも考えられそうです。
カンジダ菌過多のようなしつこい症状は、一旦症状が治まったとしても、何かのきっかけが原因で再度症状として出ることも一般的です。

予防やイースト菌感染症を取り除く除去対処に食事などの方法?:

では、真菌感染症やイースト菌などの感染症を取り除く除去対処や予防に、まず家庭で試すのにおすすめされる方法はどのようなことが報告されているのでしょうか?
もちろん、掛かりつけの病院にかかることはおすすめですが、行くほどでも無いと判断される症状であったり、様々な理由ですぐに行けない場合、取り急ぎ試してみることもおすすめです。
下記を含む食べ物や食事がおすすめされています。
・にんにく、
・βグルカン(ベータグルカン)が豊富な食べ物や食事
・良質なプロバイオティクス、
・カンジダ菌などにおすすめされる対応酵母菌類(サッカロマイセスなど)、
・ココナッツオイル、
・自然な良質のナチュラルヨーグルト、
・オレガノオイル、
・ティーツリーオイル、
・ホウ酸カプセル、
ただし、上記を含む食べ物や食事はおすすめされるものの、同時にアレルギー反応する食べ物や食事を制限することは、感染症加速の原因を予防したり、改善にも欠かせないおすすめです。
また、慢性感染症の場合をはじめ、妊娠中や重い疾患をお持ちの場合、投薬中などは、掛かりつけ医にご相談されることがおすすめです。

食べ物や食事以外の生活習慣でのおすすめ:

上記の食べ物や食事以外で、生活習慣でも下記のようなおすすめ事項もあります。
・天然素材の服装、
・体形が隠れるほどゆったりした服装、
・身体が濡れた状態で長くいない、
・小麦をはじめとするアレルギー反応成分やカンジダ菌などに関わる糖類に気を付けての生活、
・精神的なストレスを減らしたり、解放できるように考える、
・睡眠をしっかり確保する(7時間前後)、
・性交後にお風呂やシャワーに入る、
など。

 

参考にした情報源:
pubmed:26235937
pubmed:27435998
pubmed:11855736
pubmed:23378458
pubmed:31480411
メディカル・ニュース・トゥデイ公式ホームページ英文記事 chronic-yeast-infection

オンラインショップ