解毒又はデトックスが必要な原因と予防におすすめ

2020年10月05日

女性の健康

現代ほど解毒又はデトックスが必要とされる時代は今までに無かったと言われます。

解毒やデトックスが必要な原因、あるいは健康に過ごす予防におすすめが報告されていますので、健康と予防にヒントを探ります。

解毒やデトックスと体内や臓器の働き?:

私たちの身体は悪い物質が体内に入った際に自然と排出されたり、解毒やデトックスされたりと出されるように本来は出来ています。
不必要な物質を排出するには、身体や体内で働きが必要になりますが、それはどのような働きや方法があるのでしょうか?

わかりやすい表現では、汗、尿やお通じ(便)、発熱などではないでしょうか?
それらの働きは体内の臓器の中でも、とりわけ肝臓と腎臓が活用されます。

肝臓と腎臓の臓器での働きで、血液を綺麗にしようとせっせと働いてくれているのです。
それに、肺を通じて息をしながら、呼吸で吐き出すことも、解毒やデトックスの役割に含まれています。
更には、肌という最も長い臓器を活用して、汗をかいて解毒するという重要な手段も持ち備えているのは、身体が持つ不思議なチカラのおかげといえます。
身体は、私たちが利用する掃除機や車のフィルターのように、簡単に取り換えれば済むというものではなく、ずっと働いてもらう必要があります。

トイレでの解毒やデトックスの働き?:

上記で挙げた尿やお通じ(大便)は、誰にとっても健康と予防におすすめのデトックス方法といえます。
便秘の場合、なかなか解毒が進まないというのは、残念といえます。
というのも、報告には、お通じが1日に3回ある人は、2日に1回の人よりも解毒がより多くできていると言えることからもおわかりいただけるのではないでしょうか。
また、食べ物や食事でも違いが出て来ることが報告されています。

例えば、食べ物を丸ごと食べる場合と、添加物や加工食品としての食べ物や食事が多い場合とでは、デトックスの度合いも異なるようです。
野菜や果物などを丸ごと食べる場合、体内の不純物は排出されやすいとの報告があります。

その一方で、添加物や加工度合いが高い食べ物や食事の場合では、身体や臓器に負担をかけながらの解毒となります。

また、環境汚染物質、魚や肉類などにも含まれる水銀やホルモン剤、成長剤など人工的な物質や薬剤、アルミなどの素材、ベーキングパウダー、小麦や缶詰に入った食べ物や食事、化粧品やスキンケアとヘアケア、口内の詰め物なども考えておくことがおすすめされています。

簡単なおすすめの解毒方法:

とはいえ、冒頭にあるように、身体を通じて自然にデトックスできるように私たちの身体は作られています。

簡単なおすすめの解毒方法としては、お水をはじめとする水分を飲む、シャワーよりもお風呂に入ってゆっくりつかって汚れを落としたり汗をかくようにする、身体を動かしたり、体温を高めたり、体温以上の部屋で汗をかいたり、食物繊維やDHAやEPAをはじめとするオメガ3脂肪酸や身体に良いとされる油を食べ物や食事で摂取する、スキンケアやヘアケア、石鹸類をより自然な成分で構成されている品に変更する、睡眠時間を確保するなど、いろいろと考えることができます。

解毒やデトックスの原因を考えてみながら、食べ物や食事、生活で見直しをすることで原因や予防につながることも多いためにおすすめです。

参考にした情報源:
Square one healing cancer coaching program(アメリカ英文開催)
2018年8月20日開催イベント

オンラインショップ