脚のけいれんや筋肉の痙攣の原因と予防のおすすめ

2020年06月26日

ダイエット

脚又は足や筋肉の痙攣(けいれん)についての原因と予防についてのおすすめ方法が報告されています。

身体の筋肉の収縮や神経の影響を受ける痙攣から健康のヒントを探ります。

 

足や筋肉の痙攣(けいれん):

痙攣(けいれん)と聞くと、まず最初に想像するのは夜寝ている間に突発的に脚または足がつって、痛みで起きることでしょうか?
筋肉は、どの部位においても痙攣する可能性はあるものの、多くの場合はふくらはぎや太もも、足の指といったように、体でいう腰よりも下に集中することが一般的です。
突発性の足がつる痙攣以外にも、熱や血液透析、それに電解質障害などに関係している種類の痙攣も報告されています。
上半身の痙攣では痛みが無くとも、脚の場合には痛みが伴って、痛みを放置せずに対応することで、通常は数秒から長くても数分以内に痛みが消えることが多いのではないでしょうか?

 

脚の筋肉について痙攣の原因:

脚や足先の筋肉についての痙攣は、病気の有無に限らず、筋肉の収縮または骨格筋の不随意の収縮の影響を受けているといわれます。
科学者をはじめとする専門家が生理学的なメカニズムについて研究を重ねているものの、痙攣の原因については定かになっていないことも多いようですが、いくつか考えられていることもあるようです。
特に近年の研究の多くは、身体の脱水や電解質枯渇と筋肉コントロールや疲労、神経系や骨髄関係の2種類のメカニズムからのアプローチが原因を研究する主流になっているとのことです。
また突発性以外の痙攣でも、職業性の痙攣、甲状腺疾患や抗精神病薬などが原因となっていることも少なくないようです。

 

脚や足の筋肉の痙攣予防におすすめされること:

では、一般的な筋肉や足の痙攣の予防について、おすすめの予防法があるのでしょうか?
万人に効果的な明確な予防法についての報告は無いと報じられているようですが、一般的な脚の痙攣に予防でおすすめの方法には下記が例として挙げられています。
・暑い季節は身体の脱水症状が原因で、脚をはじめとする筋肉の痙攣が発生することが多いため、水分を補給したりする。
・ストレッチをして筋肉を伸ばしておく。
・十分な休息を確保して身体を休める。
・食べ物や食事の中に生姜(しょうが)や漬物を含むようにする。
・カリウム、マグネシウム、カルシウム、ビタミンB群、ビタミンEなどを含むサプリメントでの栄養補助。
・持久力を強化する。
・生活習慣や食習慣を見直してみる。
など。

 

上記のおすすめ方法を見る限りでは、夏の期間中でもしっかり食事をし、十分に水分や睡眠を確保し、身体を管理することを習慣をすることが予防につながる近道のように感じます。

 

情報源:
PMID: 24930318
PMID: 7484689
PMID: 29857264
PMID: 26739380
米国オハイオ州州立大学のブログ(https://wexnermedical.osu.edu) how to prevent and treat muscle cramps 2020年6月25日にアクセス

オンラインショップ