目やまぶたのかゆみと痛みの原因と予防におすすめ対処方法

2020年06月29日

目や目の周辺、まぶたのかゆみや痛みを持つ人の数は増えているようです。

目に関するかゆみも痛みの原因や予防のおすすめ方法についての報告から健康のヒントを学びます。

 

目やまぶたの痒み(かゆみ)や痛み:

目と周辺、瞼(まぶた)のかゆみや痛みを経験する人が増えている原因は様々といえます。
環境因子、アレルギー反応、睡眠不足、食べものや食事、生活習慣など原因としえ考えられることは多くあります。
そもそも目の痒み(かゆみ)と痛みは同じ原因なのでしょうか?
報告では、目のかゆみと痛みは密接な関係にあるものの、感覚自体は全く別のものです。
研究の報告では、目のかゆみは主に結膜に発生するものの、角膜にはないようです。
その一方で、目の痛みは角膜で発生すると報じられています。
又、かゆみに反応する神経は、痛みの刺激にも敏感といえます。
それに、目のかゆみには固有の神経回路の存在を示していることが近年報告されています。
それらのことからも目のかゆみと痛みは多くの点で共通することが多いとしながらも、全く異なる点も多いことがわかります。

 

目の痛みや痒み(かゆみ)が出た場合にかかるお医者さんは?:

目のかゆみや痛み、まぶたのかゆみは目に係わる症状の中でも、最も一般的な症状の1つといえます。
目に痛みやかゆみが出た時、どの分類の病院を受診しますか?
最初に思い当たるのは眼科かもしれません。
ただし、慢性的になった場合の目のアレルギー反応ですと、アレルギーの専門や皮膚科も選択肢に出てくるのではないでしょうか?
また近年の報告の中には、慢性の目のかゆみは免疫系や神経系の機能と密接にリンクしているとの報告を読むと、益々混乱の原因になってしまうかもしれません。
判断するためにも目のかゆみや痛み、まぶたのかゆみなどの原因を知ることで、対応も分かれるといえそうです。

 

目やまぶたのかゆみと痛みの原因:

原因として報告される例には下記のような事例があるようです。
・目が疲れる眼精疲労は特に、夜になると目がかゆくなる原因に。
・スマートフォンやテレビ、パソコンなどの画面を長時間おこなう場合。
・ゲームに長時間集中する。
・長距離の運転。
・目が乾燥した症状のドライアイ。
・花粉やダスト
・メイク
・コンタクトレンズの影響
・フケ
・アレルギー反応
・感染症でも伝染性の高い結膜炎
・毛穴に巣食う毛包虫で、そのダニによって引き起こされる感染症のニキビダニ
・卵胞が原因で発生するまぶたの炎症の眼瞼炎
・家庭内にある化学薬品、スキンケア、ヘアケアなどのパーソナルケアグッズ
・抗ヒスタミン薬や血圧薬などの一部の薬品
・ビタミンAやビタミンB12の欠乏症

 

痛みの原因を知ることと同時に、おすすめされる対応方法も報告されています。

 

目のかゆみや痛みにおすすめの方法:

・目の周りをきれいに保つ。
・メイクは早めに取る。
・洗顔のし過ぎに注意する。
・加湿器の活用。(空気乾燥が原因の場合、かゆみや痛みが改善の可能性)
・温湿布と冷湿布の活用。(アレルギー反応が原因の時は緩和される可能性)
・スマホやテレビ、コンピューターを使用する時はこまめに目を休める。20分に1回の休憩など。
・コンタクトレンズは不要時に取り外す。
・長距離を運転する際にはこまめに休憩を入れる。
・アレルギー反応に気づいた場合は、原因となる物質を制限する。
・不足しがちな栄養素を補う。
・掃除をこまめに行う。

 

原因を診断するために医師の診察を受けられることをおすすめします。
特にアレルギー反応などの場合は、アレルギー反応検査を受けられることでかゆみの原因を特定することができるかもしれません。

 

キーワード: 目の健康/目のかゆみの原因/目がかゆい原因/目の痛み/目の痒み

 

参考にした文献:
PMID: 23636773
PMID: 29988128
PMID: 26058027
PMID: 18561612
PMID: 31338612
PMID: 26266431
PMID: 26890669
PMID: 26058027
メディカルニューストゥデイ 公式ホームページ記事番号321776

オンラインショップ