ホルモンのテストステロンが減る原因や症状と増やす食事

2019年08月16日

健康

ホルモンであるテストステロンは男性にとって主要な性ホルモンです。テストステロンが減る原因や症状の報告があります。

また、食事で維持したり、増やすことができればおすすめといえます。

テストステロンが減る欠乏症状:

テストステロンは男性の大切な性ホルモンで知られます。
一般的には、18歳頃をピークにして年齢を重ねるに連れて、徐々に減っていくことでも知られています。
ボストン大学医学部の発表では、テストステロンが減るいわゆる欠乏症の割合は40~70歳の男性の約30%になっているようです。
多くの男性にとっては、年齢を重ねても男性らしくあることを維持するには、できる限りテストステロンが減る原因を知っておくことがおすすめです。

テストステロンが減る原因や症状?:

では、何が原因となってテストステロンが減るのでしょうか?
また、どのような症状が出ると言えるのでしょうか。
テストステロン欠乏症に挙げられることが多い原因や症状の例として、下記のようなものが考えられているようです。
・加齢、
・肥満、
・高血圧、
・糖尿病、
・女性ホルモンのエストロゲン過多、
・前立腺肥大や勃起不全(ED)
・筋肉が失われる、
・バイタリティーや性欲の減退、
・声が高くなる、
・不安や感情の不安定、
・脂肪肝、
・アルコール類、
・薬の過剰摂取、
・タバコ、
・運動不足
・インスリンが高い状態、
・低脂肪食品、
など。

男性ホルモンのテストステロンを増やす食事?:

上記のような原因や症状の例を見ていると、何とか男性ホルモンのテストステロンを維持したり、増やすことができれば減ることを予防できそうな気がします。
生活習慣も食べ物や食事も上記にはヒントが沢山含まれています。
その他にも食べ物や食事との報告がなされている例として、下記が挙げられます。
・大豆タンパク質(和食に多い豆腐や納豆、みそ汁などの食品に含まれる)、
・タマネギ(玉ねぎが黄体形成ホルモンを産生し、抗酸化の強化、フリーラジカルの中和、インスリン抵抗性の改善など)につながるとの報告、
・ショウガ(生姜は精液の質や濃度、運動、生存などと関連)
・現代の食事は女性ホルモンのエストロゲン過多になりやすい肉類、乳製品、遺伝子組み換え食品、ホルモン剤含有食品などが多いために注意、
・筋力や筋肉量を高める運動と共にアスパラギン酸とアミノ酸

など。

もしも上記のような食べ物や食事などの力を借りながら、テストステロンが減る原因や症状を予防することができれば、健康的でアクティブな生活につながることが考えられそうです。

参考にした情報:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21683825
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21621084
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26433309
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29708021
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24076484
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24074738
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18086792
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30795630
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31012134
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28280794
How to raise your testosterone
エリック・バーグ博士による講義
アクセス日:2019年8月16日

アミノ酸とは?


Notice: Uninitialized string offset: 0 in /ht_root/wpvol1/HTTP/i/interp.ai.shopserve.jp/docs/wp/wp-includes/class-wp-query.php on line 3322
オンラインショップ