アレルギー反応や花粉症予防におすすめの食べ物と避けたい食品

2016年05月11日

肌と腸内細菌や腸内環境

 

食品アレルギーや花粉症も含むアレルギー反応が出ることは体内で炎症が発生していることのため、その後の健康に対する影響を考えても、放置せずに根本的な見直しとアレルギー予防がおすすめです。

アレルギー反応や予防におすすめの食べ物と避けたい食品のご紹介です。

 

花粉症をはじめとするアレルギー症状を改善したり、予防するために最も近道とされるのは、腸内環境を整えることといえます。

 

病気は腸から始まると昔から言われるように健康を大きく左右する臓器です。

腸内の乱れは肌や脳にも出ることで知られます。

私たちの身体は微生物あるいはマイクロバイオータでも知られるバクテリアの集合体であるマイクロバイオームですが、腸内に一番多く存在し、腸の健康度合いで免疫が左右することからも健康の基礎になっていることで知られています。

また腸内環境と腸内フローラが健康であれば、花粉症も含むアレルギー症状は出にくいことや、腸の健康を制する事が健康と予防を制するとさえ言われる程で、そのための一番の近道は何と言っても私たちのからだをつくっている何を食べるか、あるいは何を食べないかという日頃の食事とその見直しということになるのではないでしょうか。

 

アレルギー反応を起こしやすい食べ物を制限したり避け、アレルギー予防に最適な食べ物や食事を食べることでおすすめの食べ物はそれぞれ下記のとおりです。

 

アレルギー予防におすすめの食べ物:

・ほとんどの野菜類:

ほとんどという表現をしたのは、アレルギー症状がある、又は食品アレルギーの可能性がある時はナス科の野菜で知られる茄子、トマト、じゃがいものような野菜については食べた時にアレルギー反応が出ることも考えられる理由からです。

 

・果物:

アレルギー反応が出ない果物で、季節やその地域で育つ糖質が高すぎない甘過ぎない果物がおすすめです。

甘すぎるとGI値(グリセミック・インデックス)や血糖値を上げることとなり、炎症が発生しやすい環境となるために留意が必要です。

 

・発酵食品:

先日が食べてきた発酵食品には乳酸菌プロバイオティクスや消化酵素をはじめとする栄養素が豊富です。

体内で炎症、あるいはアレルギーが発生している時は栄養素が取り込まれにくく欠乏しやすいことに加えて、体内で消化酵素を多く使うことからも疲れやすくなったり副腎疲労がおこりやすくなるとされています。

 

・魚や肉類:

肉類は飼育時の抗生物質やエサの内容などに注意する必要があります。

魚も養殖と天然では異なりますし、水銀や鉛をはじめとする環境汚染物質はアレルギー反応を起こしやすいので青魚や小魚が特におすすめです。

 

・良質な油:

魚油に代表されるDHAEPAオメガ3やエゴマ油、亜麻仁油、ごま油、オリーブオイル、ココナッツオイルなど。

 

 

アレルギーに避けたい食べ物:

・砂糖類、グルテンを含む麦類は共に腸内や体内の炎症を加速することで知られています。

 

・乳製品の多くはアレルギー反応が出やすいともいわれるために食べる時は選ぶことがおすすめです。

 

・加工食品で特に古い、安い、人工的な油が使用される場合は要注意です。

 

・ナス科やレクチンを含む野菜類で、茄子、トマト、ジャガイモ、豆やナッツ類のいくつか。

 

・糖質の高い果物で特にドライフルーツや缶詰、市販のフルーツジュースなど。

 

 

乳酸菌ビフィズス菌プロバイオティクス

おすすめの関連情報:

自分の体を使ってアレルギー反応を確かめる食品アレルギーチェック

LGSリーキーガットシンドローム(腸管壁浸漏症候群)の原因と見分け方とおすすめされる栄養素

化学物質過敏症

過敏性腸症候群

グルテン過敏症

 

グルテンアレルギー

甲状腺

自己免疫疾患とグルテン

慢性炎症の見分け方

 

慢性疲労と副腎疲労

慢性疲労やアレルギーの予防におすすめの基本

 

 

オンラインショップ