DHA

サラサラ、スムーズに。シッカリ

DHA入りサプリメント

DHAとは?

DHAは「ドコサヘキサエン酸」の略で、魚類に多く含まれている不飽和脂肪酸の一種です。
特にマグロやハマチ、イワシなどの青魚に多く含まれますが、水銀量の考慮が必要です。
体内では合成することができないので、食品から摂取することが必要になります。(DHAの説明は下記に続きます)

DHAの豆知識

海外の研究者によると、欧米諸国と比べて日本人の子供の知能指数が比較的高いのは、DHAを含んでいる魚を数多く食べているからだと言われており、実際に研究者の間でもブレイン(脳)フード(食)で知られます。近年の鮮魚の金額の高止まりと、忙しい現代の食生活では魚を食べる機会が少なくなってきています。

食事によってDHAを摂取することが一番ですが、環境汚染や原発問題の影響、魚価格の高騰等の理由もあり、摂取量が十分でないと思われる方も多いかと思います。そんな方にも補給という意味でもサプリメントで補うことも一つの手段ではないでしょうか。αリノレン酸に代表されるDHAやEPAを含んだオメガ3系の必須脂肪酸が不足すると、学習能力の低下や記憶力の低下を招く恐れがあると報告されています。

必須脂肪酸(オメガ酸)が注目される理由:

DHAやEPAのオメガ3を含む必須脂肪酸が推奨される理由の1つに、進んだ西洋食の影響が大きいとされます。日本の和食のように必要ではあるものの過剰摂取は控えたいオメガ6をあまり含まない食事とは異なり、トランス脂肪酸に代表される人工添加された油や外食でも利用される使い回しの油等には大切なオメガ3よりもオメガ6脂肪酸をどうしても多く含みます。そのためにバランスが崩れている点が指摘されます。

また日本以外のアメリカをはじめとする先進国では医療費が高い上に血管をもろくする内容の食事が多く、DHAをはじめとする不飽和脂肪酸のオメガ3系必須脂肪酸に関しての良い研究報告がメディアに露出されることや、健康を意識する比較的裕福な人たちによる和食のブームも手伝って注目される機会が増えています。

日本国内でも食事の西洋化やファーストフード、コンビニ食等を利用する機会が増えるにつれ、オメガ3に代表されるαリノレン酸が減る代わりにオメガ6系の油であるリノール酸が増えたことで、体内の細胞膜の油バランスを大きく崩していることが問題視され、アレルギーや精神面でのうつ病をはじめとする神経疾患等の影響が出ていることを欧米や日本を含む研究結果で報じられています。

必須脂肪酸とDHAの差?:

DHAに豊富に含まれるαリノレン酸の必須脂肪酸ですが、どこに属するか以外の違いとして、αリノレン酸がDHAやEPAの前駆体として働いてくれる物質なのです。言い方を代えるとアルファリノレン酸から変換されることでDHAやEPAとして働くことができるのです。

DHAとEPAの違い:

DHAとEPAはいずれも多価不飽和脂肪酸のオメガ3系のαリノレン酸に属している栄養素です。働きもいずれも体内では合成できないために食事で補う必要がある必須脂肪酸ですが、働きの違いは後程詳細を記載いたしますが、大まかな働きは似ていて、魚の種類でも含有量の違いはあります。

オメガ酸が人気で必要なワケ:

この国の食生活はここ100年でも随分と変化しました。便利になり、簡単に安く食事ができるようになったこと自体は良いことかもしれませんが、肝腎な栄養素は置き去りになっています。増えたのは過剰摂取が心配な動物性で注意が必要な脂肪の脂部分や砂糖の両方共に100年前より1000%も増えたと報告されています。その反面減っている栄養素が食物繊維やミネラル、それにオメガ3系の必須脂肪酸なのです。

魚の種類による含有量の違い:

DHAやEPAのフィッシュオイルを豊富に含む魚として、マグロ、ウナギ、ブリ、サンマ、サバ、アジ、シャケ等が挙げられます。EPAを豊富に含む種類はマイワシやアユ、カレイ等です。いずれも100g中に含まれる量ですが、種類が大きくなるにつれて水銀や鉛を含む量も多くなることを考えておく必要があります。

DHAとEPAの働きの違い:

DHAもEPAも共にサラサラやスムーズといったイメージでは共通していますが、得意とする分野が別に存在すると報告されています。DHAは特に脳や神経伝達物質との関わりに秀でるようで、EPAは血栓との関わりに強みがあるようです。

「サラサラ」、「スムーズ」の理由:

私たちの体温は36度程度で牛や豚、鶏等の飽和脂肪酸に属する肉類の脂はアラキドン酸という脂肪酸が多く常温でも固まります。逆に魚は冷たい海域で体内の脂が固まってしまうと生きていくことができないために北極のようなマイナス45度等の海の中でも泳いで生活ができるように不飽和脂肪酸で体内の血液が巡るように上手に出来ています。

食事で補うDHAをはじめとする必須脂肪酸:

ご存じのようにDHAやEPA等の必須脂肪酸は魚に多く含まれます。私たちが好きなマグロやイワシ、サバをはじめとする魚に多く含まれます。ただし上記に記載したように欧米ではマグロ等の大きな魚に含まれる水銀や鉛等の環境汚染物質が健康に与える影響を懸念し、妊婦や授乳中の女性だけではなく、妊娠を計画するカップルにも魚を食べる量を制限されるケースが増えています。

鮮度のEPA:

魚と同じく、DHA等のフィッシュオイルは酸化していなことが大切です。当社のサプリメントに限らず、お手元のオメガ酸系サプリメントを噛んでみてください。苦味や臭みを感じる場合は注意が必要です。

こんな方におすすめ:

記憶力を向上させたい方、妊娠中の方、老化が気になってきた方、お腹まわりが気になってきた方、脂っこい食事を多く食べる方、血圧が高めだと言われている方、ガンの予防を期待する方へおすすめです。

アメリカの研究報告:

欧米では日本のように魚を沢山食べる習慣はありませんが、その分、DHAやEPAのサプリメントを利用する人は非常に多く盛んです。アメリカの有名な研究報告では9年間に899人の脳を追跡しながら調べた結果、脳内にDHAが多い程認知症の発症が少ないことが結論づけられました。

配送するDHAのサプリメントとアレルギー反応:

発送するアレルギーリサーチグループのサプリメントの多くにはアレルギー反応が心配な方にも安心のHypoallergenic印が容器についていることが多いのですが、DHAやEPA、それに肝油入りサプリメントには付いていません。アレルギー性反応は一般的に摂取したタンパク質に反応するものですが、発送のDHAやEPA等のサプリメントにはたんぱく質も含まれないためです。

DHAを含むサプリメントをお控えいただきたい例:

DHAやEPAのサプリメントは食事でしか補えない類のオメガ酸であることと、必須脂肪酸と言われるほど大切なため、おおむねほとんどの方にむしろ積極的に摂取いただきたいサプリメントの分類に含まれます。脳梗塞や心筋梗塞を発症した直後のように血液を固める必要がある際に飲む凝結剤を服用の際や何らかの手術の前には一般的にお控えいただいた方が良いかと思います。

また稀に魚にアレルギーをお持ちの方もいらっしゃいますので、ご確認ください。また水銀を除去していない、あるいは酸化したDHA入サプリメントについては、お子様やこれから妊娠を考える男女、妊娠中の妊婦や授乳中の女性は過剰な摂取はかえって心配になることも考えられますのでご確認の上、摂取されることをおすすめします。

DHA入りサプリメントの過剰摂取や副作用:

アメリカの食品医薬品局であるFDAの報告では1日に3~4gものDHAの補給でも過剰摂取とはいえず、副作用も心配ないことが保証されています。

DHAの今後:

先進国で共通する現代の病はオメガ6系のリノール酸の摂り過ぎで、逆に魚や亜麻仁油をはじめとするいくつかの新鮮な植物に含まれるオメガ3系のαリノレン酸が少なすぎることが大きく関係していると報告されています。私たちの食生活で今一度、先人から続いてきた和食の大切さを再認識し、和食に代表される魚を食べる機会と量の両方をこれ以上減らさずに増やすように心掛けることが健康の秘訣ともいえます。

関連記事:

EPAやDHAのオメガ3脂肪酸メタボから歯周病までオメガ3がおすすめ理由加齢に伴う認知機能とフィッシュオイル精神状態の安定におすすめ女性の乳がん予防報告

上へ