女性が月経周期の生理中の腹痛や下痢の原因と和らげる方法例とは?

2020年05月20日

腸と健康

女性の場合、月経周期又は生理中はホルモンバランスが変化することが報告されています。

お腹の痛みや下痢、頭痛など月経前症候群のPMSなど発生原因と、和らげるおすすめの方法例が紹介されています。

 

生理中とお腹の痛みや下痢と頭痛:

897名の生理が始まった頃の女性を対象とした研究があります。
女性の月経周期中にホルモンバランスが変化することで、感情や睡眠、考える力に影響を与えるかが調査されました。
その調査では、35.9%の女性が生理期間中に辛い思いを感じていることが報告されています。
また、14.9%の女性においてはお腹の痛みや下痢、頭痛、感情の変化など月経前症候群やPMSで知られる症状が発生しているとのことでした。

 

お腹の痛みや下痢の主な原因?:

それでは、何が原因でお腹に痛みが出たり、下痢になったり、頭痛が発生したりすると考えられているのでしょうか?
主な原因として報告される1つには、ホルモンのような働きを持つ物質であるプロスタグランジンの働きがあるようです。
プロスタグランジンは、子宮内膜での細胞がプロスタグランジンの産生を増やすことで、子宮や周りの筋肉を収縮させることが月経周期の腹痛や下痢の原因にもつながるのだそうです。

また、プロスタグランジンの働きの1つに腸の収縮への働きがあり、腸内にある物質を排出しやすくすることで下痢の原因にもなり得るということのようです。
腸内の働きは感情ともつながりもあることが、頭痛の原因としても考えられるのかもしれません。

 

生理中の腹痛や下痢を和らげたい女性におすすめの生活:

生理中あるいはそれ以外の時でも腹痛や下痢は避けたいものです。
私たちは痛みに弱いため、それらの症状があると、他のことに注ぐはずの力が弱まってしまうことも考えられます。
月経周期中にお腹が痛くならない、あるいは下痢にならない予防のヒントにおすすめされることは下記のとおりです。
・お水や水分を多めに摂取する。
・水溶性食物繊維を含む食品(リンゴ、バナナ、ヨーグルトなど)を増やす。
・消化が良い食べ物を増やす。
・カリウムの多い食品を増やす。
・カフェインやアルコール飲料、炭酸飲料を減らす。
・睡眠の時間や質を高める。
など。

月経周期中はホルモンバランスも変化することからも、腹痛や下痢、頭痛など以外にも女性の体調も変わりやすいといえます。

上記にご紹介したおすすめの方法は一般的な食品と生活の方法ですが、辛い場合は専門家にかかることをおすすめいたします。

参照:
PMID: 28666132
https://www.pcrm.org/good-nutrition/nutrition-information/using-foods-against-menstrual-pain

メディカル・ニュース・デイリー(英文)公式ページ記事

diarrhea-during-period?

オンラインショップ