カンジダ症やカンジダ感染症の原因と食生活や生活習慣の対応

2020年04月01日

健康

カンジダ菌が優位になるカンジダ過多、カンジダ症、カンジダ感染症の増加原因についての報告があります。

カンジダ菌と食事の食生活や生活習慣で予防のヒントを探ります。

カンジダ菌とカンジダ症について:

カンジダや他の微生物は体内にとってとても大切な存在であり、決してカンジダ=悪というものでもありません。
報告によると、カンジダ属は200前後もの異なる種が存在するようです。
健康に影響を与えるのは、そのほんの一部とされています。
また、カンジダ過多という言葉があるようにカンジダが優位になり過ぎた状態では、症状として私たちにメッセージで知らせてくれていると理解ができます。
カンジダ症については、一番一般的ともいわれる日和見酵母感染症や真菌感染症、あるいは酵母菌感染症などでも知られます。
その名前の通り、感染症が付いているものの、原因も診断も症状も多種多様であることからも治療も簡単にはいかない場合も少なくないようです。
そのことからも、カンジダは予防が大切と言われます。

 

カンジダ菌過多の予防:

では、一体どのようにすれば、カンジダ菌過多や優位、感染を予防しやすくなるのでしょうか?
専門家の中には、まずは、毎日の生活パターン、つまりは食べ物や食事、行動パターンを観ることが予防の始まりとも伝えています。
とくにカンジダ症は免疫力が低下した時に感染症の引き金となり、皮膚や粘膜などに影響を与えていることが伝えられています。
予防を考えた場合、どのようなことが原因となり得るのでしょう?

 

カンジダ症の原因となる例?:

カンジダ症に詳しい専門家は下記のようなことをカンジダ症の原因例に挙げています。

・ストレスが原因の食事や食生活、食べ物の変化:

ストレスが増えてくると、間食や手抜きの食事が増えることが考えられています。
中でもデザート類、パン類、麺類、アルコール類には小麦や酸化油、人工的な糖類などが多く、それらはカンジダが好む食べ物や飲み物として考えられているようです。

・環境の影響:

環境といっても食べ物や食事に与える影響が強いお店という意味での環境です。
近年は効率的な経営をする食べ物を提供するお店が増えていることを指摘しておられます。
昔と比べて、パン屋、麺類、デザート屋、カフェ、準備など効率を高めたファーストフード店やレストランが増えたことでカンジダ症の原因も増加傾向にあるとのことです。

 

・光:

年々外で過ごす時間よりも屋内で過ごすのが現代の特徴です。
太陽の光は、神経伝達物質、感情、ムード、ビタミンD、睡眠、免疫などにとっても、とても重要でおすすめされています。
昨今は、夜も明るいLEDなどの証明、テレビやスマホなどブルーライトを浴びることが多く、睡眠障害やうつ症状の原因、カンジダ症の原因にもつながっているとのことです。

・脳内物質と脳の働き:

多忙になり、ITやスマホなどで過ごす時間が増えて便利になった分、画面と向き合う時間、2つ以上を同時に行うながら行動が増え、脳内物質に影響を与え、脳の働きを変化させる原因が多いようです。

・ドーパミンや中毒:

現代の生活には毎日ドーパミンと中毒症の連続と専門家は言います。
ゲーム、SNS、ワクワクするドラマや映画などドーパミンが出る頻度が一気に増えた分、感情の上下でうつ症状や不安症の原因にもなっているとの指摘されています。

 

カンジダ症の原因は、上記以外にもさまざまですが、現代生活は予防も大変なことがわかります。

 

予防にできること:

私たちがカンジダ症の原因を避け、予防にできることを知って行動することがおすすめされています。
予防におすすめされる中には、食べ物や食事以外にも、自然との調和、子供やペットとのふれあい、先人を見習う、お風呂やサウナの活用、サプリメントの活用などがおすすめされています。

 

参照:
PubMed: 24789109
PubMed: 23878798
カンジダサミット(米国開催英語)2020年3月31日 ベン・リンチ博士へのインタビュー

オンラインショップ