腎臓機能低下や腎臓病の疑い症状や兆候から予防におすすめ

2020年03月27日

健康

腎臓機能が低下する腎臓機能障害や、腎臓病の疑いがある人の数は世界的に増加傾向にあります。

腎臓機能低下や腎臓病障害の症状や兆候を知っておくことが予防におすすめのヒントとなります。

 

腎臓機能低下や腎臓病の障害が好まれない理由:

病気を疑う場合に何らかの症状が出てくれれば、病院に行く理由にもつながります。
腎臓機能低下、腎臓機能障害または腎臓病の場合は、その点では少しわかりにくいことでも知られます。
その象徴となる例がアメリカの発表にあります。
成人人口の10%を大きく上回る3,700万人以上のアメリカの成人が腎機能障害を患う腎疾患の中で生活しているとアメリカの腎臓財団の責任者が報じています。

その全米腎臓財団責任者であるジョセフ・ヴァサロッティ博士は腎臓機能が低下していたり、腎臓機能障害や腎臓病を持ち合わせている場合に発生しやすい症状や兆候を発表しています。
腎臓の調子の良し悪しが症状では出にくいことからも、腎臓関連の予防や健康維持にも役立つ目安となるかもしれません。

 

腎臓機能が思わしくない場合の症状や兆候の11例とは?:

・疲れやすい、あるいはいつも疲れている慢性疲労症候群
腎臓機能が低下することは、体内の不純物や毒素が出にくい状態にあることが原因で疲れやすい状況にあるといわれます。

・手足や身体がむくみやすい。

・目の周りがいつも腫れたような状態が続く。
体内のたんぱく質が尿から出ることが原因として考えられています。

・筋肉が痙攣(けいれん)しやすい。
マグネシウムやカルシウムなどのミネラル類が不足したり、欠乏したりする場合に発生しやすいといわれます。

・尿が泡立っていたり、血が混ざったりしている。
尿の中に血が混ざることも、トイレのさいに泡立つのもたんぱく質との関係があるようです。

・夜中に頻繁にトイレに行きたくなる。
夜中のトイレは冷え、前立腺肥大、尿路感染など他の原因も考えられていますので、一概に腎臓機能が悪いとは言えないかもしれません。

・乾燥肌、肌がかゆい。
乾燥肌と肌のかゆみは、発疹をはじめとするアレルギー反応、血中のミネラルバランスが思わしくない場合、カンジダ菌が優位になっていることが原因である場合もあります。

・睡眠時の無呼吸症候群。
睡眠中に呼吸をしていない無呼吸症候群の場合、慢性疲労症候群や慢性腎臓機能も原因になっていることがあるようです。

・エネルギー不足。

・集中力の低下。
エネルギー不足や慢性的な疲れ、集中力の低下も体内に不純物や毒素が蓄積されている場合の疲れから出やすいと考えられています。

・食欲の低下。

上記の11例は腎臓機能が低下している場合に発生しやすい症状ですが、同時に他の障害と重なっているものもあります。

腎臓は悪くなるまでに時間がかかることや、なかなか表面上に出てこないことからも、特に上記に挙げられる症状や兆候の上部に当てはまることが多い場合は、かかりつけの先生に相談してみることもおすすめです。

参照:
ナショナル(国立)・Kidney(腎臓)・Foundation(財団)
公式ホームページ内8月14日付けニュース
10 Signs You May Have Kidney Disease

オンラインショップ