アルツハイマー型認知症の原因を知って予防のおすすめ

2019年10月28日

健康

アルツハイマー型認知症の原因を知ることは予防のおすすめになります。

時間をかけて進行し、薬で完治できない認知症は年齢とは関係無く行動が可能です。

 

アルツハイマー型認知症の原因とリスク:

現代社会では、85歳の2人に1人はアルツハイマー型認知症と診断される時代です。
あなたも私も仮に85歳まで生きていると、現在の確率論では、二人共に認知症になる可能性は50%ということになります。
ただし、あなたが女性の場合、更にその可能性は高まるといえます。
現在報告されているリスクは下記の通りです。
・年齢が65歳以上になると、可能性も高まる。
ただし、年齢そのものよりも、生物的な年齢で、免疫力が落ちていると、より可能性も高まる。

・もしも2型糖尿病なら、アルツハイマー型認知症のリスクは2倍以上に。

・女性は男性の比較すると、割合が2対1の割合で患っている。
現在、アルツハイマー型認知症と診断されている割合は女性が全体の3分の2。
ホルモン、妊娠、月経などの理由から。

・炎症がある場合、リスクも高まる。
特にわかりやすいのは血糖値や、インスリンの値と上がり方。

 

アルツハイマー型認知症の薬に頼る?:

多くの場合、私たちは楽な治療法を選びたいと考えるのが一般的ではないでしょうか?
ただし、アルツハイマー型認知症の場合には、薬が効く確率はどうやら、極めて低いようです。
その理由として、認知症の症状を反転させていることで世界的に知られるデール・ブレデセン医学博士は理由を述べています。
同博士の理論では、認知症の症状を反転させるには、36の穴を塞ぐ必要があるとのことです。

 

認知症の予防や改善に報告される36の穴とは?:

デール・ブレデセン医学博士が実際に認知症の改善が出来ている時に観る36の穴を塞ぐという内容には下記が含まれます。
・栄養価
・炎症レベル、
・血糖値とインスリン値、
・ホルモン値、
・有毒物、
・デトックス値、
など、炎症の原因になる項目。
同博士の著書The End of Althzeimer’sの和訳書は「アルツハイマー病の終焉」に詳細が書かれています。
一読の価値がありますので、興味をお持ちの場合、是非お読みください。

 

神経と認知症:

認知症は神経との関りも大きく、英語でいうNeuroに掛けて神経の専門医で認知症にも詳しいAyesha Sherzai博士は、予防の大切さに下記を挙げておられます。
N Nutritionの栄養素。
E Exercise運動(身体を動かすこと)。
U Unwind or stress managementストレス管理。
R Restorative sleep activity睡眠の質で深いレベルの睡眠。
O Optimizing cognitive activity認知活動の最適化。

認知症は、家系や遺伝子は5%程度、食事が50%、運動(身体を動かすこと)が48%の割合で進行をやわらげたり、停止改善させたりすることができるのだそうです。

毎日、何かをするにも、脳をつくるか、脳を壊すかの選択を私たち個人は行っているとのことです。

また、年齢に関係なく、脳は今からでも変化できることが人間に与えられたプレゼントなのだそうです。

 

情報元:
アルツハイマー ザ・サイエンス(科学)・オブ・プリベンション(予防) 英文
エピソード2
2019年10月28日


Notice: Uninitialized string offset: 0 in /ht_root/wpvol1/HTTP/i/interp.ai.shopserve.jp/docs/wp/wp-includes/class-wp-query.php on line 3322
オンラインショップ