ADHDをはじめとする発達障害の子供と学校や家庭との両立ヒント

2019年09月11日

子供の健康

日本でも増えているとされるADHDをはじめとする子供の発達障害。その親としても学校と家庭を両立させたいと願っているかと思います。

今回はADHDに関わらず発達障害の子供の研究を重ねる協会の博士がおすすめする学校での成功のヒントをご紹介します。

ADHDの子供たちの研究をされているハロウェル博士のおすすめは下記のようなことです。

・まずは親の立場ではなく、子供の心を理解し、学校の先生とのコミュニケーションを積み重ね、自らの子供の良き理解者になる。

・先生を敬いつつ、学校の先生との信頼を築いていく。

・ADHDの子供は一般的な子供たちと全然違う考えや感覚、方法を持ち、ユニークであり、それらについて悪く言わないようにする。

・家庭も学校もその子供にとって安全で居心地の良い場所であることを子供が感じれるようにする。

・子供に自信とモチベーションを高く保てるように手伝う。

・ADHDをはじめとする発達障害と言われる子供の多くは、物事をシンプルに考える傾向にあり、シンプルに一貫したルールを考える。

・子供がやりたいことが達成できるように、小刻みにゴール設定する。

・子供は早めに寝て、十分な睡眠を確保する。

・子供の逃げ場も用意してあげ、歩いたり、休憩したり、外出したりなどの時間を時々作ってあげる。

・親の噓は子供にすぐにバレるということを肝に銘じておく。

・ゲーム感覚で学べる場を用意してあげる。

・夕食の時間がとても大切のようですので、つながりの時間とする。

・車や自転車、電車などで一緒に出掛け、つながる。
など。

もっと詳しいことを知りたい場合は、下記の参照元にアクセスしてみてください。
原文は英語ですが、翻訳すれば、わかりやすいと思います。

 
参照元:
https://www.hallowelltodarocenter.org/blog-raw-feed/2019/8/23/20-tips-for-helping-kids-with-adhd-succeed-in-school

CATEGORY

Notice: Uninitialized string offset: 0 in /ht_root/wpvol1/HTTP/i/interp.ai.shopserve.jp/docs/wp/wp-includes/class-wp-query.php on line 3322
オンラインショップ