乳がん予防と確率を下げる体重や体脂肪とBMIおすすめ

2018年10月26日

健康

乳がんと診断される人の数は日本でも増えてきていますが、乳がんの予防と診断される確率を下げる可能性として報告されているおすすめも同時に報告されてきているようです。

日本の女性の乳がん:
日本では以前まで乳がんと診断される女性の数は欧米諸国と比較すると圧倒的に確立が低い分、乳がんにかかる女性の数も少なかったことは周知のとおりです。
戦後に欧米諸国の食べ物や食事、生活習慣が日本でも取り入れられるようになりに連れて、乳がんをはじめとするがんや他の症状や疾患も含めて増えてきたものも少なくありません。
アメリカやヨーロッパのように以前から乳がんになる人の割合も多い国々においては、調査や研究も数多く報告されているようです。

体重や体脂肪、BMIと乳がんの関係や予防と確率について:
今回はその中から、乳がんと共に日本でも増えてきている体重過多や肥満との関連性について報告された記事からご紹介いたします。
アメリカのメディカル・ジャーナルで世界的にも信頼度が高いとされている腫瘍学または、オンコロジーに掲載されている内容によれば、ウィメンズ・ヘルス・イニシアティブ(WHI)という大きな組織によって、更年期を迎えた女性で体重過多や肥満と診断された場合には、一般的な体重の女性よりも乳がんになるリスクが高い状態にあることが報告されています。
報告された調査の内容では、1993年から1998年の期間中にいくつかのメディカル・センターに応募してこられた更年期を迎えた67,000名以上の女性について調査チームによって導かれた結果のようです。
行われた調査の期間は比較的に長いといえる13年間にわたって継続されておこなわれました。
被験者は体重別に区切られたいくつかのグループによって分けられて調査が行われた様子ですが、体重過多や肥満と診断された女性において、特に乳がんの予防にチカラを知れて欲しい内容の結果がでてきているようです。
特に体重と身長から導き出される数値で知られるBMIが35を超えている場合においては、BMIが25以下の場合と比較した際には乳がんという限られた確率の中においては差が大きかったことが報告されています。
一般的な女性と比較した場合においては、体重過多の女性の場合においては、17%程度乳がんのリスクや可能性が高まるということと、更に体重が多いBMIが35以上の女性の場合のおいては59%程度乳がんのリスクが高まると報告されていました。

乳がんの予防を考えたり、確率を下げたい場合には、体重を落とすようにするか、アメリカらしいおすすめの方法と言えそうですが、ホルモンセラピーがおすすめされています。

あくまでも乳がんのになる確率の可能性ということかと思いますが、他にも日ごろの食べ物や食事の中にオリーブオイルの摂取量による予防と確率についての報告や、加工された食べ物や食事のいわゆる加工食品における女性のがんなどについても報告されていますので、近日中にまとめるようにいたしますので、気になる場合には是非読んでみてください。

 

参考にした情報源:

ジャーナル・オブ・アメリカン・メディカル・アソシエーション

腫瘍学(オンコロジー)

2015年6月11日

オンラインバージョン

 

CATEGORY
オンラインショップ