慢性的な疲れや副腎疲労を改善するのにおすすめしたいこと

2018年03月02日

健康

いつも疲れている場合に診断されることが少なくないのが、いわゆる慢性疲労や副腎疲労です。

 

症状の改善には身体にとってのストレスになっているそれら原因を知って、見直すことが近道といわれますが、改善に共通しておすすめされることがあります。

 

慢性的な疲れの原因は一般的にカラダやココロにとってのストレスであることが報告されています。

そのストレスになっている原因はさまざまかと思いますが、多くの場合、その原因を知って見直すことが改善への近道になっているようです。

カラダやココロのストレスの根本部分に対しておすすめされることが多いのは下記のようなことです。

 

・ずっと気になっている不安や心配事に対して頭でグルグル循環させずに、なぜそう思うのか、どうしたら少しでも改善できるのかを具体的に考えて行動してみる:

誰にでも心配や不安事はつきものかと思いますが、頭で考えたり、時間が解決してくれれば良いのですが、多くの場合は何かの手を打つ必要があります。
気になっていることを具体的に書き出し、その根本の原因を自ら問いかけて、どうすれば少しずつでも解決に向かうかを行動で示すことがおすすめされています。

ここで大切なのは、考えたり、書いたりする時間帯です。

夜に行うと睡眠の妨げになりかねず、脳の構造では朝や日中の時間帯が適しているようです。

 

・睡眠時間を7~8時間確保する:

睡眠は私たちが考えていた以上に必要とされる報告が相次いでいるようです。

多くの専門家によると、少なくとも欧米においては8時間程度の睡眠が必要という結論に現在は至っているようです。

またホルモンの関係からは夜中に寝始めるのではなく、理想は10時頃という専門家も少なくありません。

朝陽に浴びた時点から15時間後くらいに睡眠ホルモンのメラトニンが出始めるともいわれるために、眠りにつきたい15時間前に起床して朝陽を浴びることがおすすめです。

 

・カフェインを含む食べ物や飲み物、糖類、また糖質にも分類される炭水化物類の食べ物は夕方以降に摂取しないように心がける:

カラダやココロのストレスとどのような関係があるの?と考えてしまうような内容ですが、まず第一に夕方以降のカフェリンや糖類、炭水化物類は睡眠の妨げになっている場合が少なくないようです。

夜中に目が覚めたり、寝つきが悪い場合にはそれらを数週間の間でも夕方以降には食べたり飲んだりしないようにして試してみるのもおすすめです。

 

・眠りにつきたい1時間以上前にはスマートフォンやパソコン、テレビなどの明るい画面の電化製品を使わないようにする:

慢性的な疲れや副腎疲労とは一見何の関係も無さそうですが、近年の明るい画面は目や脳内に残像が残ることで、カラダにとっては大きな負担となっていたり、睡眠の妨げになっていることが報告されています。
証明もLEDが増えてきたことからも、眠りにつく1時間以上前には少しでも明るさを落とすことがおすすめです。

 

・自分なりのストレス解消やリラックス方法を見つける:

疲労が知らない間んに溜まっていたりした場合には、どこかの時点で自分なりのストレスや疲れを開放する方法を知っておくと便利です。
人によっては美味しいものを気の許せる人と食べに行ったりショッピングや出かけるだけでもストレスの開放につながるのではないでしょうか?

あるいは音楽を聴いたり、好きな本を読んだり、映画を観たり、身体を動かしたり、身体を温めたり、瞑想をしたりすることもカラダやココロに溜まったストレスには喜びかと思います。

 

慢性的な疲れや副腎疲労は気づくのにも、改善するのにも時間がかかることも考えられそうですので、日ごろから上記のようなことを予防的に行っておくことがおすすめといえます。

 

 

参考にした情報:
ザ・オートイミューン(自己免疫)ソリューション(解決)
エミーマイヤーズ医学博士の書籍

オートイミューン(自己免疫)フィックス(直す)
トムオブライアン医学博士の書籍

 

オンラインショップ