赤身および加工肉と健康リスク

2022年04月11日

たんぱく質の食べ物や食事

赤身の肉(牛肉、豚肉などの哺乳類由来の肉)と、加工肉(ハムやソーセージなど、塩漬け、硬化、発酵、喫煙、または風味を高めたり保存性を向上させたりするために手を加えられた肉)の消費量は、日本だけでなく世界中で、急速に増加しています。

赤身の肉や加工肉はとても手軽で美味しく食べられるため大変人気ですが、これらは健康および環境に大きな影響を与える可能性があるとされています。

これらの食品にはどのような健康リスクがあるのでしょうか?

赤身肉や加工肉と食事スタイル

一般的な食事ガイドラインでは、慢性疾患の予防のために、赤身肉や加工肉は少なめにし、加工性食品も最小限にするという食事スタイルを広く推奨しています。

赤身肉および加工肉を多く含む食事が、2型糖尿病、心血管疾患、癌(特に結腸直腸癌)、および全死因死亡率のリスク増加と関連していることが実証されているとの報告からです。

また、赤身肉や加工肉を、豆類やナッツ類を含む植物由来のタンパク質源、または魚介類に置き換えることが、慢性疾患や早死のリスクを減らす可能性があることを示唆しています。

例えば、無作為化摂食試験においては、赤身の肉をナッツまたは豆類に置き換えると、総コレステロールとLDLコレステロールが有意に減少することが示されています。

赤身肉や加工肉と環境

一方、環境面においては、家畜生産(特に反芻動物)は、世界の総排出量の22%を占める農業部門に起因する温室効果ガス排出量の大部分を占めていることが問題となっています。

それは、肥料の流出、森林伐採、砂漠化による環境悪化にもつながっています。

このような側面からも、赤身肉や加工肉以外の植物由来のタンパク質源からの栄養分摂取を推奨しています。

赤身肉や加工肉と糖尿病

アメリカの糖尿病協会の報告によると、2型糖尿病の予防と管理のために複数の食事パターンを推奨しており、そのほとんどは赤身肉や加工肉の摂取が控えめ、またはまったくないことを強調しています。

これらには、高血圧を止めるための食事療法、伝統的な地中海スタイルの食事、ベジタリアンまたは植物を基本とした食事法などが含まれます。

また、米国心臓病学会や米国心臓病協会の心血管疾患の一次予防に関するガイドラインも、赤身肉や加工肉を少なく摂取することを推奨しています。

国際がん研究機関は2015年に、加工肉をヒト結腸直腸がんの発癌物質として分類したことで、世界で大きな話題にもなりました。

また、赤身肉は疫学的証拠に基づいて、ヒトに対する発癌性グループに分類され、「発癌効果を支持する強力な機構的証拠」と認定されました。

このレビューに基づいて、がん予防のために赤身肉と加工肉の消費量を減らすことを推奨しています。

まとめ

介入試験によると、LDLコレステロールやその他の心臓代謝危険因子を減らす上で、赤身肉を豆類などの植物性タンパク質源に置き換えることの利点が実証されているようです。

また、糖尿病およびその他の慢性疾患及びガンなどの予防および管理のためには、専門機関による栄養勧告に従うことが重要であり、赤肉および加工肉を制限しながら、最小限の加工果物および野菜、全粒穀物、ナッツ、および豆類の多い食事法が推奨されています。

赤身の肉も、加工肉も大変美味しいため、完全に減らすことはなかなか難しいかと思います。

そういった面からも、健康を改善するためには、赤身肉や加工肉が持つ健康のリスクを考えながら食事でそれらの摂取回数を制限をしたり、果物や野菜、全粒穀物、ナッツ、豆類などの加工を最小限とした植物性食品の多い食事パターンを私たちは選択する回数を増やしてみるなどがおすすめで、良い方法と言えるのかもしれません。

関連記事:
コレステロールと肉類の食べ物と食事
抗生物質と健康と食肉
肉類の食事が多いとがんリスクに?

問い合わせる

引用文献:

Red and Processed Meats and Health Risks

オンラインショップ