炎症の原因や症状と炎症と食べ物や食事と影響

2020年03月18日

健康

炎症という言葉を聞きますが、炎症とは何を意味するのでしょうか?

炎症の原因は何が考えられるのでしょうか?

また炎症の症状や健康にどう影響するのでしょう?

炎症におすすめの食べ物や食事はどうでしょうか?

 

炎症の急性と慢性、良いことや注意点について:

まず、炎症には短期的ないわゆる急性の炎症と、長期的な慢性炎症に分れています。
必ずしも、炎症イコール悪ということでもありません。
例えば、ケガをした時、その部位は赤くなります。
身体は修復しようとして、体内の白血球が感染と戦ってくれ、炎症という症状が出てくれ、そのおかげで治すように頑張ってくれています。
その戦っている状態が目で見れることは、たまには身体の内を知ることができる良い機会といえるかもしれません。
長期的な慢性炎症については知ることで、対応できることも少ないためにおすすめです。

 

慢性炎症の原因や症状と影響について:

では、慢性炎症のように長期的な炎症の場合はどうでしょうか?
簡単な慢性炎症の例を挙げてみましょう。
肥満、アレルギー反応、関節炎やリウマチ、自己免疫疾患、がん、心臓病、糖尿病など。
それらは、良く耳にする症状や病気ですが、炎症が共通点といえるのです。

 

炎症の影響はダイエットの成功を遠ざける?:

肥満とアレルギー反応は別々に考えがちですが、必ずしも、そうとも限りません。
炎症がある場合には、体内はエネルギーは炎症を優先的に治そうと身体は戦ってくれている状態です。
その場合、他にエネルギーを回しにくく、疲れやすくなり、脂肪も燃焼させにくい状態にもなります。
そのため、炎症が体内にある場合は、ダイエットを成功させるには、がむしゃらに身体を動かして脂肪を燃焼するよりも、炎症を解消させるための方法もと入りれるなどがおすすめです。

 

アレルギー反応やアレルゲン物質の影響と症状:

アレルギー反応と一言で言っても、食物アレルギーから、花粉症状、ホコリやカビなどのアレルギー反応などアレルゲンはさまざまです。
留意するおすすめは、繰り返しその原因となるアレルゲンの環境下にあることは慢性炎症を長引かせる原因につながります。
慢性炎症が続くことは組織を損傷させる原因にもなります。
人によって弱い組織に出ると言われますが、関節炎症であれば関節炎やリウマチ、脳であれば記憶力低下や認知症などの原因にもつながりますので、アレルゲンには留意することがおすすめです。

 

炎症解決のおすすめヒントの食べ物や食事:

では、慢性炎症の影響が出ている場合、何がおすすめでしょう?
できることは沢山ありますが、まずはそのアレルゲンや原因を除去することがおすすめです。
また、睡眠中に免疫は闘うチカラが上がる為に、睡眠の質も大切です。
ストレスを減らすことやタバコを吸わないなどの生活習慣もおすすめですが、何といっても食べ物や食事の影響は大きそうです。
クスリでは非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)での改善も期待されるものの、ずっと飲む心配も残ります。
食べ物や食事であれば、1日に何回でも改善の機会もあり、自分でコントロールできることも増えるのでおすすめです。
食べ物や食事は、体内に入ると炎症の原因になる食べ物か、炎症の修復につながる食べ物かに分かれます。
また、食べ物そのものと同時に、血糖値の上がり方も大切と言われます。
できるだけ急な血糖値の上がり方よりも、緩やかな方がおすすめです。

 

炎症におすすめされる食べ物や食事の例:

炎症におすすめといえる食べ物や食事の中には、野菜類、果物、魚などのオメガ3脂肪酸、食物繊維類、豆類、発酵食品、良質な穀物やお水、フラボノイドやカロテノイドなどもおすすめされています。
その反対に留意したいのは、ファーストフード、精製された白い食べ物、甘い飲み物や食べ物、揚げ物などといえます。
その意味でも和食や地中海料理などが食べ物や食事の基本とされる意味もあるのではないでしょうか。

 

参照:
PubMed:12490959
Nature2002 12月19日; 420(6917):860–867。
PubMed:21139128
ハーバード・メディカル・スクール ハーバードヘルス出版 Understanding inflammation(炎症)

オンラインショップ