鉄分栄養素の重要性と欠乏や過剰の注意点におすすめ

2020年02月14日

タンパク質プロテイン

食品に含まれる鉄分栄養素はとても大切です。

日本では鉄分の欠乏症であると考えられる成人の割合は多いと考えられているようです。

 

鉄分の栄養素の大切さ:

食べ物や食事で鉄分を含む食材と取り入れることは大切です。
地球上の人間だけに限らず、微生物から他の哺乳類の動物も鉄分無しでは生きられないのだそうです。
それにもかかわらず、私たちの多くは、特に女性においては鉄分が十分に吸収されず、欠乏する欠乏症と診断されることも少なくありません。

 

鉄分栄養素補給は安易にしないおすすめ:

体内で鉄分が不足や欠乏状態にある場合、単に鉄分をサプリメントなどで補給することが解決方法になるとは限りません。
というのも、体を構成している鉄分はだいたい3~5グラム程度と言われることからも、過剰摂取になる注意点もあります。
そのため、安易にサプリメントで摂取することによる過剰摂取の障害には注意が必要です。
また、鉄分だけが含まれるサプリメントは一般的に高含有であり、また、体内で副産物を生む可能性も指摘されることからも、注意点として挙げられています。

 

鉄分不足や欠乏、過剰摂取の注意点:

鉄分不足に欠乏、その反対の過剰摂取にも注意点が存在します。
まず欠乏状態や不足状態にある場合には、貧血が知られる症状です。
その一方で鉄分の過剰摂取は腸内環境のバランスを変化させることも報告されています。
腸内環境でも菌のバランスが崩れることが原因で、ウィルスや感染、病原菌などが入りやすい状態になることも関g萎えられます。

 

食べ物に含む栄養素で消化させるおすすめ:

スイスのベルン大学の報告では、鉄分不足、欠乏、過剰摂取を避けるためのおすすめが紹介されています。
特に鉄分と関りが大きいとされる下記のような栄養素を含む食べ物や食事を取り入れることのようです。
-ビタミンミネラル、アミノ酸、
-リンゴ酸やコハク酸、
-短鎖脂肪酸(酪酸、酢酸など)や乳酸、
-タンニンやポリフェノール類、
-発酵菌や乳酸菌類、ラクトバチルス菌、ラクトフェリン、
など。

 

上記にも紹介があるとおり、鉄分のようにそもそも体内でも少ない量しか存在しなかったり、消化や吸収がなされにくい栄養素の場合は、単体で補給することには留意することがおすすめといえそうです。

食べ物や食事で鉄分と鉄分以外のミネラルやビタミン、アミノ酸などが含まれるものを一緒に摂取することもおすすめといえそうです。

 

情報源:
PubMed 6315993

 

ビタミンミネラルとは?

アミノ酸とは?

リンゴ酸とは?

コハク酸とは?

酪酸とは?

ラクトバチルス菌とは?

ラクトフェリンとは?


Notice: Uninitialized string offset: 0 in /wpvol1/HTTP/i/interp.ai.shopserve.jp/docs/wp/wp-includes/class-wp-query.php on line 3331
オンラインショップ