アルミニウムを体内に入れない子供から大人までのおすすめ

2020年02月05日

妊婦と子供の健康

アルミニウムの使用と体内での蓄積量は今までの歴史上最も多いことが報告されています。

子供から大人まで体内に入りにくく健康を保つヒントを探ります。

歴史的に増え続けるアルミニウム量:

報告によると、アルミニウムの人体露出は、1950年から2050年の間に100%増加し続けることが予測されています。
「それが何か?」と言われればそれまでですが、アルミニウムを毒物の1つと考えられている欧米では、そのような反応が発生しにくいようです。
とりわけ、若い世代になるに連れて、環境汚染、自然界の生活、人体にいたるまで、より敏感に考える傾向にあるといえます。
また子供と自然界に存在しない人工的な化学物質、脳、スペクトラム障害などの関連性について考えさせられる機会も多く、生活中に多い有毒物質としてのアルミニウム物質について敏感になっている人も少なくありません。

そんな中、今回は、子供の医療安全機関がおすすめする子供から大人までの保護の方法が報告されていますので、ご紹介させてください。

有毒物から身体と健康の予防と保護におすすめされる方法:

・上質なお水を日々飲むようにする。
水素水やケイ素水などの上質なお水は体内に蓄積したアルミニウムを排出しやすいとして例に挙げています。

・アルミニウムを含むワクチン注射を避ける。
アルミニウム含有ワクチンは脳血管を通り、アルミニウムが関わる病気と関連性があると伝えています。

・アルミニウム製のフライパンを料理に使用しない。
他のスチールや鉄、ガラス製を使用することをおすすめしています。

・アルミホイルを料理に使用しない。
報告によると、アルミホイルを酸の強い料理の際に使用すると料理に入り込むと伝えています。

・アルミニウムを含有しないスキンケアや化粧品、パーソナルケアを選ぶ。
アルミニウム含有の日々のケアは体内に蓄積されるため、含有成分に含まないものを選択することをおすすめしています。
とくに汗を隠すデオドラントロールオンやデオドラントスプレーに留意することがおすすめされています。

・染料を含まない飲み物を選択する。
特に色付きの塩味のようなスポーツドリンクなどには染料が含まれることが多いと報告しています。

・赤ちゃんや子供向けの食品や飲料はアルミニウム成分含有ではないものを選択。
赤ちゃんや子供向けの食品、飲料、ボディケアなどにアルミニウムが含むものも多いそうです。

日本ではアレルギーや化学物質過敏症、スペクトラム障害などの症状が出ていない場合、子供から大人までの広い範囲であまり気にしないことが一般的に多いかもしれません。

人体だけではなく、自然界の保護や環境汚染予防にいたるまで幅広く考えることがおすすめされています。

 

情報源:
Children’s Medical Safety Research Institute

プライス・ポッテンガー Wise Traditions(英文)

2019年春号 23ページ


Notice: Uninitialized string offset: 0 in /wpvol1/HTTP/i/interp.ai.shopserve.jp/docs/wp/wp-includes/class-wp-query.php on line 3331
オンラインショップ