自閉症スペクトラム障害(ASD)のおすすめ対応ヒント

2019年12月23日

家族と自然

自閉症スペクトラム障害はASDでも知られ、日本をはじめ世界的に増えている個性的な神経発達障害で知られます。

自閉症スペクトラム障害におすすめの対応のヒントも報告されています。

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは:

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは、社会的なコミュニケーション、言動、興味、関心などに個性があり、活動が他の人の同時期と比較した場合に制限がある場合があるようです。

神経発達障害のくくりに入り、特に子供の場合、最も一般的な小児神経発達障害(NDD)の1つであり、かつ、最も議論されている小児精神障害の1つとなっていることでも知られます。

 

耳にする機会が増えた理由の1つとして、アメリカで実際に診断されただけでも子供の45人に1人の割合として報告され、実際は更に多く世界的にも多いことが報道されていることも関係しているかもしれません。

 

ASDは、臨床的にも病因的にもとてもひとまとめにはできるものでもなく、メカニズムもまだ理解されていないようです。

原因として遺伝も挙げられるものの、近年は環境や化学物質、日光浴不足、食べ物、などさまざまな影響があることも報告されています。

 

自閉症スペクトラム障害の場合、全ての症状に対して効果的な単一の医学療法はないと報告されています。

そのため、近年は日頃の生活で可能な範囲でできることを行っている家庭が増えているとも報じられます。

また、最近の研究報告では、腸内微生物叢を調整することで、生理機能や免疫機能、それに行動の調節までも可能であることが示されています。

 

 

自閉症スペクトラム障害(ASD)のおすすめ対応ヒント?:

具体的な例として、いくつかおすすめの対応が挙げられています。

例えば、

化学物質については、家庭の内外で、多くが昔と比べて変化しています。

 

アメリカの報告では、2010年度から14年後である2024年には、化学物質の使用量が約2倍となり、食品アレルギーも毎年10%程度の割合で増えていることが報告されています。

また、数十年前にはこの世の中に存在していなかった化学物質が、現在は240種類を体内調査すると108種類が含まれているとの報告もあります。

そのような報告を受け、関心のある家庭では、昔のようにできる限り化学物質を制限して、自然界に存在するモノや食べ物を子供や家族で消費する見直しを行う人も少なくないようです。

 

 

自閉症スペクトラム障害の子供と食べ物や食事の調査から対応ヒント:

具体的に自閉症スペクトラム障害の子供と食べ物や食事の調査から報告された事例が紹介されています。

自閉症スペクトラム障害と診断された子供に、2週間だけ、アレルギー反応に良く挙げられる食べ物や食事をやめてもらうという調査でした。

実際に、2週間、子供たちは小麦(グルテン)、乳製品、加工された食品類、砂糖入りのデザートやジュースを我慢したようです。

その代わりに野菜や果物、魚のEPAやDHAなどのオメガ3、たんぱく質やアミノ酸などを摂取したところ、その2週間だけでも子供たちの様子が大きく変わったようです。

 

他の報告の中には、部屋で過ごす時間の代わりに土や緑など自然のある場所で過ごす時間を増やしたり、日光浴を楽しんだりしただけでも子供の態度に変化があらわれたという報告もあるようです。

 

 

参考にした情報:
27773355
28523541
28075089
30078460
26431091
Netrayal(裏切りや背くという意味) Autoimmune(自己免疫) Disease(障害) Solution(解決) 2018年1月9~11日 トム・オブライアン博士 原文英語

 

EPADHAなどのオメガ3脂肪酸とは?

アミノ酸とは?

 


Notice: Uninitialized string offset: 0 in /wpvol1/HTTP/i/interp.ai.shopserve.jp/docs/wp/wp-includes/class-wp-query.php on line 3331
オンラインショップ