体をサビから守って若さを保ち健康寿命を少しでも伸ばすヒント

2019年11月06日

アンチエイジングや、アンチオキシダントに気を遣う方が増えてきています。
アンチエイジングの敵、「体がさびる」とはどのようなことをいうのでしょうか。
同年代の方で、若々しい方はどのようなことに気を配って生活しているのでしょうか?

体がさびるとは

「さびる」とは、一般的に酸化することを言います。
たとえば、フライパンがさびる、ハサミがさびる、などという言い方をされます。
これは、金属が酸化した状態のことを言います。
また、リンゴやキャベツなどの切り口が空気と触れて茶色く変色する原因も酸化です。
いずれも、鮮度が落ちて「劣化する」、「ダメージを受ける」といった意味合いになります。

同様のことが、私たちの体にも起こります。
生まれたばかりの赤ちゃんや小さな子供は、お肌も髪も、骨も内臓もすべてがみずみずしい状態です。
ですが、長年生きていくうちに、細胞は少しずつダメージを受け、これらは少しずつ劣化していきます。
普通の生活をしていても否応なしに体の酸化は進みますが、体をより一層錆びさせる原因があります。

体がさびる原因

・喫煙
・酸化した油やトランス脂肪酸などの摂取
・加工された肉などの製品の摂取
・電磁波
・ストレス
・紫外線
・放射線
・大気汚染
・土壌の汚染


体のサビを抑えるために

では、体のサビを少しでも抑えるためにはどのような方法があるのでしょうか。

・ポリフェノールやカルテノイド、リコピンなどの摂取
・ビタミンA,C,E
・セレン
・緑黄色野菜をたくさん食べる
・ストレスをためない
・デトックスを意識した生活をする
・電子機器を使用しすぎない
・睡眠をたっぷりとる
・適度な運動を心がける

言うまでもなく、体の酸化は老化だけでなく病気にも関係してきます。
小さな損傷が、大きな病気の原因となることもあります。
最終的には、がんなどの大病の原因となる場合もあるのです。

抗酸化物質の摂取や解毒を意識した生活を取り入れて、健康寿命を少しでも伸ばしたいものです。

 

参照

pubmed

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28427291

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27881064

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29441149

wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%97%E9%85%B8%E5%8C%96%E7%89%A9%E8%B3%AA

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%97%E8%80%81%E5%8C%96%E5%8C%BB%E5%AD%A6

 

アンチオキシダントとは


Notice: Uninitialized string offset: 0 in /ht_root/wpvol1/HTTP/i/interp.ai.shopserve.jp/docs/wp/wp-includes/class-wp-query.php on line 3322
オンラインショップ