一酸化窒素の健康的効果とおすすめの食べ物

2019年10月17日

一酸化窒素は、化学式「NO」で示され、窒素と酸素の化合物です。
一酸化窒素は、自然界や工業の部門でよく耳にする物質ですが、人間にとってどのような健康効果があるのでしょうか。

 

一酸化窒素の生成

一酸化窒素は、窒素と酸素からなる無機化合物ですが、私たちの体内でも生成されます。

アルギニンという成分を摂取すると、体内で一酸化窒素と変わります。

また、ビーツという野菜を摂取することでも同様の効果があるとされています。

 

一酸化窒素の健康効果

一酸化窒素は、主に血管をしなやかにすることに注目されています。

血管の内皮を強く広くすることで、血液のスムーズな循環を促します。

これにより、サラサラで詰まりにくくなり、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの重大な欠陥の疾患から身を守るサポート役をしてくれます。

血管が元気であれば、体全体が元気といっても過言ではありません。血液にかかわる病気には、重大な疾患が多いことからもそのことが言えると思います。

血管の老化が気になる年齢に差し掛かった方には、一酸化窒素は特に注目していただきたい成分の一つと言えると思います。

 

また、一酸化窒素は神経伝達にも深くかかわるということがわかっています。

これにより、認知機能の治療などにも期待が集まってきます。

さらに、一酸化窒素は免疫系で重要な役割を果たすという研究結果が示されています。

このほかにも敗血症の治療など、一酸化窒素の生理学的効果は、さまざまな治療に使用されています。

 

 

一酸化窒素を生成する食べ物の例

一酸化窒素は体内で生成されます。

そのため、一酸化窒素を生成する役割のある食材を摂取することが、最も簡単に一酸化窒素を増やす方法と言えます。

一酸化窒素は、アミノ酸の一種のL-アルギニンから生成されています。

アルギニンが多く含まれる食材:

鶏肉(特に胸肉)、豚肉、牛肉などの肉類、

エビ、カニ、アジなどの魚類、

納豆や豆腐、ピーナツなどの大豆類

ほかにも、卵や牛乳などにもアルギニンは含まれています。

 

また、サトウダイコン(砂糖大根)としても知られるビーツも、一酸化窒素を生成する食べ物として注目されています。

 

 

血液の循環が良いと、健康だけでなく美容や精神面にも良い影響がもたらされます。

一酸化窒素を効率よく生成することが大切です。

一酸化窒素を体内で生成するアルギニンを含む食材やビーツに、ますます注目していきたいですね。

 

参照

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Pubmed

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29084619

 

アルギニンとは

ビーツとは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Notice: Uninitialized string offset: 0 in /ht_root/wpvol1/HTTP/i/interp.ai.shopserve.jp/docs/wp/wp-includes/class-wp-query.php on line 3331
オンラインショップ