サトウダイコンのビート Beet

強い抗酸化作用ベタシアニン豊富

サトウダイコンのビート

サトウダイコンのビートとは

ビートは、アカザ科の二年草で、成長すると高さは約1メートルにもなります。赤くダイコンに似た紡錘形の根をもっています。
ビートにはいくつかの種類があります。中でも、葉の部分を食用とするリーフビートという種類や、根の部分を食用とするテーブルビートという種類などがあります。

寒さに強い作物で、日本においては、ビートは主に北海道で生産されています。
昼と夜との温度差が大きいほど根に糖分を蓄えるので、「甜菜(てんさい)糖」の産地としては寒冷地が向いています。

ほうれん草にはビタミン・ミネラル・鉄分が豊富で、体を形成するための栄養がたくさん含まれることからこのように言われていたんではないでしょうか?

ビートの歴史

ビートの原産地は地中海沿岸で、古代ローマ時代からの歴史があります。その頃から、葉と根が食用とされていたそうです。
日本には江戸時代に伝わりましたが、当初はそれほど流通していなかったようです。
しかし近年では、日本でも料理などに利用されるようになりました。
ビートという名前は、ケルト語で「赤」を意味する「bette」に由来しています。

サトウキビとサトウダイコン

サトウキビを原料とする砂糖類は、上白糖、グラニュー糖、黒糖、キビ砂糖、ザラメなどです。
一方、サトウダイコンから作られる砂糖は「甜菜(てんさい)糖」になります。

甜菜糖は、サトウキビが原料の砂糖類に比べて、体を冷やしづらいと言われています。
また、甜菜糖にはオリゴ糖が含まれているため、お腹に優しい砂糖とされています。

豆知識

ビートの根の鮮やかな赤い色は、赤色の色素のベタシアニンによるものです。
このベタシアニンには、強い抗酸化作用があります。

こんな方におすすめ

おなかの環境を整えたい方、お酒を飲む機会の多い方、塩分を多めにとっていると感じている方、いつも元気でいたい方・・・

サトウダイコン入サプリメントの発送

ビート(サトウダイコン)を含んだサプリメントは、水銀や重金属、遺伝子組換え、アレルギー検査なども実施し、アレルギー対応ラベル表示もするアレルギー対応サプリメントでおすすめされる1979年設立研究開発機関兼サプリメント専門メーカーのアレルギーリサーチグループより、新鮮かつ確かな本物のサプリメントを直送にて配達いたします。

上へ