ダイエットや解毒と予防におすすめの食事方法

2019年10月30日

タンパク質プロテイン

ダイエットを兼ねて解毒をしながら予防にもなるシンプルなおすすめの食事方法についてご紹介。

身体にとってストレスが多い現代社会では知っておくと便利です。

 

動物性たんぱく質が多い?:

昔と比べて動物性たんぱく質を含む食事をする機会が増えたのは私だけではないと思います。
一般的に以前の食生活と比較した場合に、動物性たんぱく質を食事で食べる機会が多くなっていると言えます。
70代の方々に伺う限りでは、若い時に肉類を食べるのは特別な時だったと言われますが、今は毎日のように食事で摂取されるのではないでしょうか。

 

ダイエットに動物性たんぱく質:

近年人気になるダイエット方法には動物性たんぱく質を使うことが増えています。
パレオダイエットや一般的に理解される低炭水化物ダイエットでも炭水化物が制限された分、動物性たんぱく質の食事が増えることが少なくありません。
炭水化物は糖質に変わることがダイエットには向かないといった感じです。
同時に環境や動物の生命を気にしたり、飼育に使われる薬剤を気にする人の多くは動物性たんぱく質を制限し、野菜や果物を中心にした食事に切り替える人の数も増えています。

 

ダイエットや解毒の予防におすすめされる食事:

世界的に食事を用いて食事療法を教育する医師の中に、ダイエットや解毒の予防におすすめされる食事の方法があります。
人体の構造や昔と今の生活や体調、地域に合わせて食事の内容を変えることもおすすめされますが、中でも試してみたい食事の方法があります。
それは、身体を整えるという意味でのダイエットや解毒、予防に短く一定期間だけ動物性たんぱく質を食事で制限するという内容です。
特に肥満、糖尿病、がんなどの予防におすすめされます。
その期間中は動物性たんぱく質と過度の加工食品を制限する内容になっています。
そうすることで、人間本来の身体からの声が聞き取りやすい状態になるとの報告があります。
一般的に肉類は身体をつくる食べ物で、野菜や果物は身体をきれいにするいわゆる解毒やデトックス、クレンジングするというイメージです。
解毒やクレンジングを進めたい時期には、野菜や果物、お水、空腹の時間帯などを増やすことがおすすめされ、その一方で肉類や加工食品を制限することが成功の秘訣といわれます。

 

本来の身体の構造:

本来、私たちの身体はメッセージを出すことで、知らせてくれているはずです。
例えば、体調が悪い時は、食事の量が減ったり、時には食べることができなくなります。
そうすることで、解毒を促したり、臓器の負担を軽減、回復させたりすることができます。
空腹時間が増えることは、血液が他の働きに集中できるという意味にもなります。

 

身体と向き合うおすすめの食事方法:

体調次第では、身体の内なる声を良く聞きながら、食事の内容を変更する食事方法があります。
体調が悪く肉類を食べると下痢をする場合、肉の繊維質が消化されにくく、良く加熱した関節や骨周辺、皮などの部位から食べることで改善されることも少なくありません。
下痢は悪いことばかりではなく、腸を介して毒物は排出されることからも、数日続くことは必ずしも悪いことでも無いといえます。
但し、水下痢が続くことは、食物繊維をはじめとする植物を中心とした食事よりも、動物性たんぱく質の食事に切り替えることで改善されることもあります。
また、時には生の野菜では身体が反応するものの、発酵や加熱で少量で始めることがおすすめされる食事の方法などもあります。
奥が深いので、この点はまた別の機会にご紹介させていただきます。

ダイエットや解毒をする場合でも、自己流で長期間進めるのは、リスクが伴うことも少なくありません。
色んな情報を比較しながら、専門家の声も幅広く取り入れながら、短期間で行ってみることもおすすめです。

 

参照元:
ジョセフ・メルコーラ博士からナターシャ・キャンベル博士へのインタビュー(英文)
Why our gut flora powerfully dictates whether you are healthy or sick.
2016年11月23日(アクセス日)


Notice: Uninitialized string offset: 0 in /ht_root/wpvol1/HTTP/i/interp.ai.shopserve.jp/docs/wp/wp-includes/class-wp-query.php on line 3322
オンラインショップ