アルギニン arginine

アクティブな生活に欠かせないアミノ酸の一種。

アルギニン入りサプリメント

アルギニンとは

アルギニンは500以上存在するアミノ酸の一種で、体内にてグルタミン酸からつくられる栄養素です。
500種類の中で20種においては人体を構成するたんぱく質構成成分で体内の成長に必要不可欠なアミノ酸です。
体内で合成できないために外から摂取する必要のある必須アミノ酸が9種類存在しますが、厳密にいうとアルギニンは子供に時には必須アミノ酸として数えられる異例扱いのアミノ酸です。

アルギニン酸は年齢を重ねることで体内でつくることができなくなることから、体内量は減少する栄養素です。
単なる加齢以外ではストレスや成長期、それに運動をすること等でも不足しがちになると報告されます。(ページ下にも説明は続きます)

■植物性のアルギニンのサプリメント

アミノ酸と言えばエネルギッシュなイメージが先行し、動物性の抽出成分を想像しがちですが、発送のアルギニンのサプリメントは植物性で、さとうきびの糖蜜部分をていねいに発酵し、抽出された植物由来の発酵アミノ酸栄養素です。

発酵食品に馴染みがある私たちの身体とも相性が良く、人工的な添加物やアレルギー性成分も含まれていないために、高い吸収が期待されます。

■アミノ酸の中のアルギニンの働き:

天然アミノ酸のアルギニンとしては、主に成長ホルモンの分泌で生命と直結する成分と言えます。
増強やギラギラと燃えている元気なイメージ画像を見かけるように元気でチカラ強い代謝と精力的な働きのサポートや、アルコールと関連する強肝成分としてもヨーロッパでは高い知名度を誇る人気成分です。
成長ホルモンとしてはアルギニン以外のアミノ酸ではチロシンオルニチン、グリシン、トリプトファンが知られます。

■アルギニンの由来:

1886年にドイツのシュルツ博士によってモヤシエキスから発見された説が有力です。
アルギニンという名前は綺麗な銀色の輝きをしていたことからギリシャ語で表現したのがアルギニンと呼ばれるようになったきっかけと紹介されています。

■ヨーロッパでの知名度:

フランス政府の発表によると、フランスを中心とするヨーロッパ諸国だけでも数千万人もの人々によって疲れや増強、強精、強肝、成長などの目的でつくられるアルギニン入り製剤として買い求めているとの報告が存在します。

■食品に含むアルギニン:

食品ではナッツやレーズン、大豆たんぱく、ひまわりの種、玄米、ゴマ、赤貝やイカを始めとする食品にアルギニン酸が含まれるものの、なかなか十分な量が補給できないことからもサプリメントで補う人が増えている栄養素の1つとして注目されています。

■こんな方におすすめ:

成長期の子供、増強して元気を目指す人、弱々しいと思う方など。

■アルギニンの効果的な摂り方:

就寝前の空腹時が最も良い働きをすると報告されています。
アルギニン単体よりも総合アミノ酸ほ方が一般的に推奨されるために具体的な目的が無い場合は、まずは総合アミノ酸を検討されてみてはいかがでしょうか。

■発送のアルギニンのサプリメント

品質検査はアメリカだけではなく、厳しいヨーロッパの品質管理法も適用されるアルギニンです。
重金属や環境ホルモンテストにも合格したサプリメントを発送いたします。
1979年設立で訴訟がとても多いアメリカで30年以上の実績があるアレルギー対応サプリメントの研究開発アレルギーリサーチグループからこだわりのアルギニンを含んだものを追跡可能なヤマト国際便で、通常6~8日程度での配達です。

上へ