老化促進予防におすすめの基本は抗炎症老化

2019年10月16日

健康で若さ維持

老化の促進を予防することができれば、体内外の若さを保つことが理論上は成立します。

老化促進予防の基本的なおすすめは抗炎症老化の食事や生活習慣が欠かせません。

 

炎症性の老化を知る大切さ:

年齢を重ねる加齢は仕方ないことですが、老化を促進することが少しでも予防できれば、体内外の若さを維持したり、遅らせたりすることができます。

また、炎症は脳への影響もあって、認知症の原因の1つとしても報じられています。

老化の基本の1つとして知られる体内の炎症を知ることは、若さを少しでも維持したり、老化を予防したりするエイジングケアにつながる可能性があります。

オックスフォード大学出版の報告の1つには、身体の老化には慢性的な炎症の影響があると報じています。

その慢性炎症での老化現象は炎症性老化という言葉で、単なる加齢による老化とは違う意味での老化促進剤になっていることでも知られます。

炎症性老化の土台に挙げられる例が挙げられていますが、一時的や短期的とは違う慢性炎症は組織損傷や老化促進や病気の可能性につながります。

 

炎症性老化の原因例:

・食べ物や食事のサビなどの糖化、
・ストレス
・睡眠不足、
・ミトコンドリア機能低下、
・アレルギー反応をはじめとする免疫組織の調整力低下、
・ホルモンの変化、
・テロメア減少、
・気分や心的外傷後ストレス障害(PTSD)など感情関連の影響、
・アレルギー反応(食品以外のほこりや花粉なども含む)、
・肥満、
・痛み、
などの影響や原因。

 

炎症や老化の原因や影響は、上記のように様々ですが、同時にそれらを遅らせる可能性を秘めるものも報告されています。

抗老化や抗炎症のおすすめ例:

・適度の運動、
・睡眠の確保、
・ストレスの軽減、
・症状がある場合は場合によって非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)の使用、
・オメガ3脂肪酸(EPAやDHAのフィッシュオイルやエゴマ、亜麻仁油など)の摂取、
・野菜、果物、豆やナッツ類を中心とした食べ物や食事、
・禁煙、
・リラックスや楽しみを増やす、
などの行動。

 

老化を遅らせて、若さを保ったり、若々しくありたいというのは誰にとっても嬉しいことかと思います。

 

情報元:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28003373
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29173175
Understanding(理解) Inflammation(炎症)(本文は英文) ハーバード・ヘルス・パブリッシング

 

情報ページ:

オメガ3脂肪酸とは?

EPAとは?

DHAとは?


Notice: Uninitialized string offset: 0 in /ht_root/wpvol1/HTTP/i/interp.ai.shopserve.jp/docs/wp/wp-includes/class-wp-query.php on line 3322
オンラインショップ