藻のアスタキサンチンは眼の健康から脳の記憶力や認知力に

2019年06月19日

Astaxanthin2

アスタキサンチンは脳や眼にどのような健康効果をもたらしてくれるのでしょうか?

池の中などに見られる植物の藻は、一見何もしていないようにも見受けられます。
しかしながら、藻類は人間や動物の健康にとても有益な物質であるアスタキサンチンを生産します。

アスタキサンチンは、抗酸化の力により、体の老化に伴う酸化による損傷を和らげることが研究からわかっています。
私たちの脳、眼、皮膚をはじめとして、血管や心臓など体の多くの部位にとって大切な成分です。

 

脳に対するアスタキサンチンの効果:

brain

特に、脳の分野において、アスタキサンチンは長期記憶をサポートし、アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経性の疾患から脳を保護する可能性があることがわかってきました。

脳は、特に酸化ストレスや加齢によって記憶の喪失や神経変性疾患などの変化や症状を敏感に起こしやすい部分です。
アスタキサンチンは、独自の構造により脳細胞を損傷から守るチカラを秘めているようで、脳サポートに関係していることも報告されています。

さらに臨床試験では、アスタキサンチンが脳の酸化的損傷を防ぐだけでなく、記憶力と認知力の改善にも役立つことがわかりました。
具体的には、下記のようなことがわかっています。

・アルツハイマー病に関連している金属の毒性作用から脳を保護します。
・認知機能を損なう汚染物質であるタバコの煙のような有害な影響から脳を保護します。
・化学療法薬による損傷から脳と眼を保護します。
・体の抗酸化反応の主な調節因子の合成を誘導します。
・長期記憶、空間処理などに不可欠な脳の領域である海馬の加齢による損傷を軽減します。
・脳幹細胞の増殖を刺激し、それは変性した細胞を置き換えるための新しいニューロンを生み出す可能性があります。

アスタキサンチンは、認知症を進行させるとされる、赤血球中のリン脂質の蓄積を防ぐ手助けをしてくれるようです。
これによりアルツハイマー病の進行を和らげるとされています。

 

眼に対するアスタキサンチンの効果:

期待

加齢は、ドライアイ、白内障、緑内障などの症状にも関連しています。
これらの影響の多くは、紫外線(UV)に曝された結果とも言えます。
紫外線により、眼の角膜、水晶体、網膜は酸化し、損傷を受けることになります。

抗酸化物質のアスタキサンチンは、水晶体における白内障形成を予防します。
また緑内障に関連する眼内圧の上昇による損傷から網膜を保護することがわかってきています。

アスタキサンチンは、一般的な目の痛み、乾燥、疲労、およびかすみ目を軽減することでも知られてきています。
アスタキサンチンの研究は進んでおり、アスタキサンチンが加齢とともに脳機能と眼の健康をサポートし、環境汚染の毒素と紫外線曝露からも、体を守ることができるということがわかっています。

しかしながら、藻類を食べる方法はあまりありません。
そのことからも、サプリメントのように補助食品での摂取もおすすめされています。
必要と思われる方もまだ大丈夫という方も、気になる方はお試しいただくのもよいかもしれません。

 

 

参照 Allergy Reserch Group

Astaxanthin: A Gift from Algae


Notice: Uninitialized string offset: 0 in /ht_root/wpvol1/HTTP/i/interp.ai.shopserve.jp/docs/wp/wp-includes/class-wp-query.php on line 3322
オンラインショップ