グルテンの過敏症と不耐性やセリアック病でグルテンを早く排泄方法

2018年06月15日

小麦グルテン

グルテン過敏症やグルテン不耐性、それに反応が著しいセリアック病の共通点となっている物質が小麦や大麦、ライムギなどを含む食べ物や食事に含まれるグルテンたんぱく質です。

避けていても食べ物や食事で完全に取り除くことは大変で、知らない間に食べてしまうことも少なくありません。グルテンを早く排泄する方法のおすすめがあります。

グルテンのたんぱく質:
小麦や大麦、ライムギなどに共通して含まれているたんぱく質の一種であるグルテン。
そのグルテンに身体が反応してしまう人の割合は右肩上がりで日本でも増えてきているようです。
昔はパンを食べてアレルギー反応が出る人の割合は少なかったはずですが、現代においては周りを見回していても珍しいことでは無くなりつつあるのではないでしょうか?
グルテンたんぱく質に対してアレルギー反応などが発生するようになってきている原因の1つには遺伝子組み換え技術の発展があるとも報告されているようです。

世界的に爆発的に増える人口に対して、小麦をはじめとする農作物の供給は十分についていくことができずに、あるいはもっと早く成長させたり便利に収穫できたり、楽に管理ができたり、更にはもっともっとおいしく外はカリカリ、中側はもちもちなどを考え始めた結果が、現代なのではないでしょうか。

それらのことなどが理由や原因となって、または、それらに伴ってグルテンを求める声もグルテンに過敏に身体が反応するグルテン過敏症、グルテンが体内において十分にすぐに消化や吸収しきれずにいるグルテン不耐性、それにグルテンについて免疫反応が引き金となって発生することで知られる自己免疫疾患に分類されているセリアック病を患う人の割合は徐々に増えてきているようです。

グルテン過敏症やグルテン不耐性、それに反応が著しいセリアック病を経験する多くの人は、気づいたり、診断されたり、教わったりするうちに、反応を示すグルテンを含むパン、麺類、他の加工食品などの食べ物を何とか減らそうと頑張られている場合も少なくないようです。

それでも、何かの食べ物や飲み物に含まれていることが原因でグルテンの不耐性や過敏症をはじめとする症状や反応が出てしまうことがあります。
そんな時には少しでも早く、体内からグルテンを排泄したいと思うのではないでしょうか。

グルテンが体内に入った時におすすめの早く排泄する方法例:
・水分を摂取して排泄しやすくする。
まず誰でもすぐに行えるおすすめの排泄方法の1つとして考えられるのは、お水をはじめとする水分の摂取量を増やして、代謝を上げたり、排泄を促すという方法です。
もしも過敏症やセリアック病をはじめとするアレルギー反応が出ていて、軟便や下痢などが続いてしまっている場合においては、普通の水だけでは追い付かないこともありそうです。
場合によっては、良質な脂質やビタミン類などを加えて摂取することも考えられそうです。

・不耐性などをはじめとするアレルギー反応の中には軟便などの症状の他にもガスやゲップがいつもよりも増えることも考えられます。
そのような場合には、お水の摂取量を増やすだけでは追い付かない場合もあり、腸内環境を早く整える乳酸菌やプロバイオティクス、アレルギー反応のような炎症を治めやすいEPAやDHAをはじめとするオメガ3脂肪酸などもおすすめされる栄養素や方法の例に含まれます。

・消化酵素を含む食べ物や飲み物、栄養素も考えられます。
特にグルテン不耐性のように体の中のどこかで留まっているように感じる場合などにおいては、消化や吸収の働きを高めるためにも消化酵素を含んだ食べ物や飲み物、栄養素などがおすすめされることもあります。
野菜や果物で生の食べ物で消化や吸収に問題が無い場合には、生野菜などのチカラを借りることも1つの方法と言われます。
生の野菜や果物が消化されにくい症状の場合には加熱する方が消化されやすいこともあるので留意が必要です。
また、炎症を抑えやすくする食べ物の例としてよく挙げられるのは、魚に含まれるEPAやDHAなどのオメガ3脂肪酸の他にも、しょうがやニンニクも挙げられることがあります。

・グルテンの過敏症や不耐性、セリアック病などの症状が出ている場合には腸内環境にも異変が出ていることも報告されています。
近年日本でも徐々に知られるようになってきた腸管漏れ又は、リーキーガット症候群もそうですが、グルテン腸内環境や腸壁のサポートにおすすめされる食べ物や成分の存在もあります。
アレルギー反応が出ないようでしたら、お漬物や納豆、みそ汁などの発酵食品には乳酸菌も豊富に含まれていますし、アレルギー反応が起こる場合には良質な乳酸菌プロバイオティクスで乳製品や大豆などアレルギー反応をしない成分でつくられた栄養素もおすすめです。
その他にも意外と思われるかもしれませんが、美容成分でも知られるコラーゲンも腸内環境や腸壁におすすめされる成分の1つですし、アミノ酸のLグルタミンや、冷たい玄米などに含まれることでも知られる酪酸(ラクサン)などの成分もグルテン過敏症、不耐性、セリアック病や他のグルテンアレルギー反応におすすめされる例といえます。

参考にした情報:
エミー・マイヤーズ医学博士公式ホームページ(英文)
2015年6月
3 steps to recover after getting gluten.

おすすめの関連記事:

腸内環境が良いか悪い診断とお通じの状態でもわかること?

食べ物や食事を考えながらの健康ダイエットにおすすめな方法

血糖値を上げにくくする食べ物や食事のおすすめ方法

食品不耐性やアレルギー反応が出ると加工食品がしんどい理由

偏頭痛に関係する栄養素と予防におすすめされる生活習慣

血糖値やGI値の食事とインシュリンダイエット

 

 

オンラインショップ