1. Home
  2. 成分からさがすサプリメント
  3. アミノ酸
  1. Home
  2. 主成分でさがす
  3. クの成分
  4. グルタミン

Lグルタミン L-Glutamine

非必須アミノ酸の一種

グルタミン入りサプリメント

グルタミンとは?

Lグルタミンは1883年に砂糖大根の搾りカスから発見された非必須アミノ酸の一種です。1980年代になってからグルタミン酸が持つ消化管との連携や、特に腸管のエネルギー源として使用されることがわかったようです。Lグルタミンはグルタミン酸の誘導体です。

人間の骨格筋の遊離アミノ酸の約6割を占め、身体に最も多く含まれるアミノ酸です。
筋肉疲労を回復に働きかけたり、筋肉を強化したり、デトックスサポートとしても知られる他、免疫力を高める効果やアルコール代謝を促進する役割がある成分でグルタミンは知られています。

他にも、消化管粘膜細胞に最も必要となるエネルギーの源がグルタミン成分といわれ、腸が弱い方に人気が高まってきている成分の1つで、近年の食生活の変化から腸内が荒れている人が増えていますが、その際にもLグルタミンがおすすめされて人気が高まっています。(グルタミンの説明はページ下部にも続きます)

グルタミン酸の特徴:

グルタミンときくと一般的には食べ物のうまみ成分というイメージが大きいかもしれません。アミノ酸は体内で合成することができない食事から摂取する必要のある必須アミノ酸と、体内で合成されるアミノ酸に分かれますが、グルタミン酸は必須アミノ酸の分類には含まれていません。
非必須のアミノ酸について良く知られるところではグルタミン以外にもアルギニンシステインチロシンやアスパラギンをはじめとする11種類のアミノ酸が存在します。

グルタミンを含む食べ物:

海藻類や魚介類(豊富に含まれるものの加熱することで変性するために生で食べる必要があります)、大豆、サトウキビ、肉類、卵、キャベツなどの食材にグルタミンは豊富に含まれています。

グルタミンは必須アミノ酸に属さないためにアミノ酸スコアには出てきませんが、他のビタミンやミネラルのように単一成分としてアミノ酸を摂取するよりも総合的なアミノ酸が基礎ににあり、その上に必要に応じてグルタミンをはじめとするアミノ酸を追加することがおすすめです。

豆知識:

似た名前にグルタミン酸やグルタミン酸ナトリウムがありますが、グルタミン酸は人間の脳内に多く存在し脳内の神経伝達物質の役割をする非必須アミノ酸で、グルタミン酸ナトリウムはいわゆるうま味成分のことで昆布などに多く含まれる日本食のだしの成分です。

グルタミンが不足すると:

筋力の低下を感じる、消化不良を起こしやすくなるために軟便や下痢あるいは便秘になりやすくなります。
ウエイトトレーニングや激しいスポーツをする人やアスリートには体内での生合成量では不足する場合があり、運動後の摂取が望まれています。

こんな方におすすめ:

お腹の調子が気になる方、小麦粉に含まれるグルテンが原因とされるLGS(リーキーガット)が気にかかる方、パンや麺類などの加工食品が好きな方、スポーツをする方や高い丈夫力を目指す方、お酒をよく飲む方、デトックスをこころがけている、元気でありたいとお考えの方などにおすすめです。

グルタミン入サプリメント:

グルタミンを含むサプリメントの発送は、1979年設立で30年以上の実績があるサプリメント専門研究開発機関兼メーカーのアレルギーリサーチグループより新鮮なグルタミンを直送にて配達いたしております。

関連記事:

グルタミン酸と放射線治療グルタミンのサプリメントはおすすめか

上へ