アレルギー体質の子供が多い理由と予防におすすめ

2016年12月02日

子供の健康

アレルギー体質の子供は以前と比べて現代の方が多いのにはさまざまな理由が報告されています。

その要因と共に子供のアレルギー予防におすすめされていることのヒントを探ります。

昔と今の子供の状況:

昔と異なり、今の子供は生まれてくる時点で一般的に、体内に270種類前後の添加物が含まれていることがアメリカの研究グループによって発表され、現地では話題となっています。

一方で土壌に含まれるミネラル栄養素は100年前よりも日本を含むどの国においても55〜75%程度低下していることが世界地球環境サミットで報告されています。

日本でも増えているようですが、アメリカでは約3〜4人に1人の子供は帝王切開で生まれてくるようになっていることは、赤ちゃんや子供の腸内環境にも影響を与えるようで、アレルギー体質や肥満とも関係があることが報告されてきています。

上記以外にも日用品に含まれる化学物質やWi-Fiなどの電磁波、食べ物の遺伝子組換えや養殖など、子供をとりまく環境には変化が起こっていることは多く存在することは明らかです。

母乳か粉ミルクか:

子供を育てる際に便利な粉ミルクを利用する家庭は多いかと思います。

母乳で育つ子供と粉ミルクで育つ子供では、何か違いがあるのでしょうか?

使用する粉ミルクの中身の品質にもよるかもしれませんが、少なくとも粉ミルク消費大国でも知られてきたアメリカでは多くの専門家は母乳をおすすめする専門家が増えているように思います。

その背景には粉ミルクそのものの品質というよりは、粉ミルクができる牛の飼育環境や、牛が食べるエサへの懸念に焦点があるようにも思えます。

日本人の場合は特に、85%において乳成分を体内で消化や吸収、分解されにくい不耐性の体質であるとや、乳成分にアレルギーを持つ子供やその親が多いことも考慮する必要があるかもしれません。

アレルギー体質の子供の予防におすすめ:

子供だけに限らず大人にもいえることですが、アレルギー体質の予防におすすめされることがあります。

それらの例としてよく挙げられているのは下記のとおりです。

・食べ物はできる範囲で加工食品よりも自然な形や状態の食べ物を選択する。

・プラスチック製に心を配る。

・日用品で抗菌や殺菌などに留意する。

・電磁波をできる限り遠ざける。

・添加物や薬剤の過度な使用に留意する。

・外で土や太陽など自然との時間を大切にする。

・良質な睡眠を確保できるような環境にする。

・便を観察し、腸内環境に気を配る。

・日光浴をして、体内にビタミンDを取り入れる。

など

参考にした情報:

マイクロバイオーム・メディスン・サミット

2016年3月2日

マーク・A・ネッセルソン医学博士

情報ページ:ビタミンDとは?

関連のおすすめ記事:アレルギー反応予防におすすめの食べ物と避けたい食品

カンジダ菌とかゆみに注意したい食品とおすすめの食べ物


Notice: Uninitialized string offset: 0 in /ht_root/wpvol1/HTTP/i/interp.ai.shopserve.jp/docs/wp/wp-includes/class-wp-query.php on line 3322
オンラインショップ