ダイエット成功におすすめの解毒とデトックスと抗アレルギー

2016年11月04日

ダイエット成功とアレルギー対応

 

ダイエットを成功させるために抗アレルギーや解毒やデトックスも考えることがおすすめで健康的ともいえます。

脂肪や肥満度が高くダイエットが成功しにくい背景に考えられてこなかったアレルギーや腸内環境、家庭内毒物の存在もあり、解毒やデトックスしやすい環境が抗アレルギーとダイエットの成功の近道でもあります。

 

なぜ解毒やデトックス、抗アレルギーがダイエット成功に関係するか?

ダイエットを成功させることと解毒やデトックスに関連性があるのか疑問に思われる人も多いかもしれません。

ダイエット大国でグッズが次々に誕生しては日本への流行も後押ししているアメリカでは3人に1人が肥満であることは世界的にも知られるニュースです。

肥満イコールダイエットと考える人が多い一方で、隠れた脚光を浴びているのがアレルギーとの関係でもあります。

 

肥満と同じように、何らかのアレルギーを持つ人の割合も3人に1人ともいわれるまでに成長してきています。

遠く離れた異国の話しで私たちには関係がないことと思われるかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

便秘や下痢が続いたり、鼻炎になる時期があったり、花粉が多い時期に花粉症にかかったりすることは立派なアレルギーでもあります。

 

脂肪が高まり、体重が徐々に増えてきたり、食べなかったり運動をしてもダイエットが成功しにくくなっている背景には、そうしたアレルギーやあるいは十分な解毒やデトックスがなされていないことも無関係ではなさそうです。

 

アレルギーと体重増によるダイエット:

カナダの研究によると現代生活よりも20世紀の生活の方がはるかにダイエットは成功しやすく、楽にできていたと報告されています。

その背景には現代にアレルギーを患う人が多く、それがダイエットを難しくしていて、それらは深い関係にあるとのことでした。

 

日本でもなかなか寝付けない不眠症のような状態や、疲れが溜まっていたり、気づくとボーっとしていたり、食後や午後に元気がなくなってきたり、便秘や下痢になりやすいような状態になる人が多いのではないでしょうか?

それらの多くは体内で炎症が起こり、何らかのアレルギーを持っている時におこりやすいことといえます。

アレルギーがある場合には、上手に代謝が行なわれない為に疲れやすく、脂肪は溜まりやすく燃えにくく、体重が増えやすくなることがわかっているためにダイエットを成功させることが難しくなるのは当然ともいえます。

 

有毒物や汚染物質の影響:

アリゾナ大学の報告によると、私たちが暮らす家の中にはホルムアルデヒド、防腐剤、消臭剤、トリフロサン入り消汗剤、消毒剤、防カビ剤、抗菌石けんや液体、マウスウォッシュなどは体内に入っていくことは自然なことですし、それらがこの40年間でとても増えたことと、家の過密性も向上したことで室内の湿度も高くなりやすく、その分、体内にそれらの毒物が入りやすくなったことが、喘息をはじめとするアレルギーに拍車をかけるようになったと報じています。

近年では室内のエアーフレッシュナーや洗剤、洗濯洗剤、ソフナー、消臭剤などの利用頻度が高くなっていることは周知のとおりです。

本当にそれらが身体にどのように影響を与えているかは別として、アメリカでは今年に入り、抗菌や殺菌商材がかえって体内の菌を育てる可能性を指摘した上で、商品の発売を禁止したことも日本では報じられていないものの、記憶に新しいニュースの1つです。

室内温度もさることながら、湿度が50%を超えることでそれらの有害物は体内に入りやすくなるとも報告されており、それらがダイエットや解毒の妨げになることもあります。

 

解毒やデトックス、ダイエットしやすい身体にするためのヒント:

有毒物や汚染物質が増えていることは仕方がないことでもありますので、それらと向き合う生活はどうするかを考える必要があります。

アレルギーやダイエットだけでなく、健康への影響を考えると、それらの使用を制限することや、室内の換気をこまめに行なうこと、湿度をあまり高くしないようにする、野菜を中心にして加工食品を制限するなどの食べ物で循環しやすい身体にする、アレルギーの根源でもある腸内環境を整える、歩く等の体内代謝を高めるなどが考えられるのではないでしょうか。

 

犬との生活でアレルギーになりにくい?:

近年の報告の中には犬と共に生活することでアレルギー体質になりにくいことが報告されています。

ずっと家庭内で過ごす犬は別ですが、外で過ごす時間が多い犬になるほど、土や泥、草など外のバクテリアが家の中に持ち込まれることで人体にも抗体ができることで、アレルギー体質になりにくいことが報告されているために、犬と共に生活をすることのメリットは大きいといえます。

もちろん犬との生活がアレルギー体質になりにくい要因は菌だけでなく、散歩にいくことでの運動量が増えてダイエットやデトックスにもなること、日光浴が増えること、精神的な喜びやリラックス、喜び等数えればキリがありません。

 

アレルギー予防やダイエットにおすすめの食べ物と栄養素:

アレルギーに関わる本を沢山出版し、世界的にも有名なレオ・ギャランド医学博士はアレルギーやダイエットに下記を含む食べ物や栄養素をおすすめしています。

・抗酸化や抗菌作用を持つ食べ物や栄養素

ブロッコリー(スプラウト)、大根すりおろし、パセリ、にんにくやしょうが、緑茶やウーロン茶、バイオフラボノイド、アントシアニンなど。

私たちの国にはそれら以外に、魚や植物に含まれるオメガ3脂肪酸、漬け物や味噌などに代表される発酵食品などもアレルギー予防や健康的なダイエットに一役をかっているといえるのではないでしょうか。

 

 

参考にした情報:

ザ・デトックス・プロジェクト

アレルギー&ウェイトロスソリューションズ スルー デトックス

レオ・ギャランド医学博士

2016年9月29日

 

関連するおすすめ記事:

アレルギー反応予防におすすめの食べ物と避けたい食品

 

 

 

グルテンアレルギー

 

 

腸管透過性と食べ物のアレルギー反応

 

 

 

慢性疲労やアレルギーの予防におすすめの基本

デトックスや胃腸内クレンジングが必要といわれる症状

 

 

 

オンラインショップ