アントシアニン Anthocyanidin

アントシアニンはポリフェノールの中でも野菜や果物の赤・青・紫色を構成する色素

アントシアニン

アントシアニンとは

アントシアニンは、ポリフェノールの中でも野菜や果物の赤・青・紫色を構成する色素の成分で、ブルーベリーやブドウ、ナス、ムラサキイモやリンゴなどに含まれている物質です。

アントシアニンやポリフェノールを多く含んだサプリメントが今人気となっています。
その代表格がグレープシードエキス(ブドウ種子エキス)やビルベリー、ブルーベリーをはじめとするベリー系フルーツでもあるので、興味を持っている人も着実に増えているのではないでしょうか。

アントシアニンを含むポリフェノール入りサプリメントは、比較的日々の生活に取り入れやすい栄養素の1つでもあります。

●豆知識

アントシアニンを含むフルーツ系のポリフェノールはヨーロッパ諸国に品質に定評がある栄養素が多く、それはワインにも使われるブドウの栽培が多いからなのかもしれません。
サプリメントとしての成分においても、アントシアニンをはじめとするポリフェノールの中でも強いチカラを発揮するとされる植物成分としてグレープシードエキス(ブドウ種子エキス)やビルベリー等のベリー系フルーツが知られるところです。

●含有成分概要:

身近な食品で例をあげると、北欧産のビルベリーエキス100mg中にアントシアニン36mgほどを含んでいます。

●こんな方におすすめ

長時間パソコンに向かって作業をする方や、手芸など細かい作業をする方、目の疲れを感じている方におすすめです。

上へ