腸内細菌や腸内フローラの改善や腸活におすすめの基本4か条

2016年04月01日

腸内細菌や腸内フローラに

 

腸内細菌や腸内フローラをはじめとする腸内の環境を整えたり腸活のために抑えておきたい基本のおすすめ4か条。

便秘や下痢、アレルギー、皮膚炎、LGSリーキーガットシンドローム(腸管壁浸漏症候群)や不眠症をはじめとする症状は、腸内細菌や腸内フローラなど腸内の状態と大きく関連しているために気になる方におすすめです。

 

なぜ腸内細菌や腸内フローラなのか?

5,000万人もいると報告されるアメリカの自己免疫疾患を患う人の数。

アレルギーだけではなく、子供の自閉症と診断される数も2012年度の報告時点でも過去最大の68人に1人の割合となり、その直前数年だけでも10%以上の伸びを子供の自閉症の数は示しており、調査期間の予測では2025年に10人に1人、2050年には2人に1人の子供が自閉症になるとアメリカでは報告され、多くの専門家が現実にならないように阻止すべく、行動に出ています。

 

自己免疫疾患も自閉症もあるいは、アレルギーも腸内細菌や腸内フローラ、私たちのからだそのものとも表現される微生物の集合体であるマイクロバイオームなど腸内の環境と大きなつながりがあることが判明しています。

 

腸内環境とLGS(リーキーガットシンドローム):

アメリカだけではなく日本でもそれらの状況はアメリカを追っている点や、腸壁に穴が開いてさまざまな物質が血流に漏れ出す腸管壁浸漏症候群(リーキーガットシンドロームで略してLGSといわれる)も日米共に診断される数こそ実際よりは少ないものの、確実にその数はうねりとなって増えていることがわかっています。

 

食べ物のアレルギー反応や慢性疲労、便秘や下痢、湿疹、低体温や多い物忘れなどに当てはまる場合はリーキーガットシンドロームを疑うと多くアメリカの専門家は伝からは伝えられています。

最近ではリーキーガットシンドロームが病気の根源になっているとも指摘されることが増えており、腸内細菌や腸内フローラの改善やいわゆる積極的関与の腸活はアレルギー反応を持っている人や結果を追求するアスリートにとどまらず、誰にとってもとても他人事ではなくなっているといわれています。

それは腸は私たちの免疫を左右する70〜80%を占めていることからも明らかです。

 

そのためにも腸内最近や腸内フローラ、私たちのからだ自体ともいえる微生物の集合体であるマイクロバイオームをはじめとする腸内の環境改善に広くおすすめされる4か条は知っておくと便利といえるのではないでしょうか。

  1. まずは悪いものを取り除く。

何も食べ物に限らず、胃腸の炎症を引き起こす原因はさまざまです。

食べ物では小麦に含まれるグルテンを使用する加工食品や精製糖や添加物、質の悪い油などですが、食べ物以外にも有害物や家庭内外で使用する日用品にも含む化学物質やストレスなどは腸内環境に大きな打撃を与える例として紹介されます。

 

2. 良いものを取り入れる。

酵素や消化の助けになるもので、腸内細菌や腸内フローラに良い影響を与える野菜や果物、発酵食品など。

 

3. 善玉菌も含めた腸内環境を整えてくれる、あるいは善玉菌を増やすことで免疫力が高まりやすい腸内にする。

 

4. 腸内のリバランスや修理するようなことを行なう。

健康的な腸内や腸壁や微生物の集合体のマイクロバイオームなどに良いとされるプロバイオティクスアミノ酸ビタミンやミネラルなどの栄養素を必要に応じて供給する。

 

これらのことは、日本ではまだまだ伝えられていないことが多く含まれていますし、できれば知られなくても良い状況に好転してくれることを願っていますが、積極的な腸活に無駄なことはありませんので、気になる場合は試してみてはいかがでしょうか。

 

 

乳酸菌ビフィズス菌プロバイオティクス

関連する情報:

 

 

 

 

腸内細菌

腸内フローラ

 

ビフィズス菌

プロバイオティクス

マイクロバイオーム

慢性疲労と副腎疲労

デトックスや胃腸内クレンジングが必要といわれる症状

8つの簡単デトックス腸内クレンジング

LGSリーキーガットシンドローム(腸管壁浸漏症候群)の原因と見分け方とおすすめされる栄養素

グルテンアレルギー

オンラインショップ