ダイエットを成功させたい人に食べ方や食事方法と生活習慣のおすすめ

2020年11月02日

健康と年齢

ダイエットが成功しにくいのは原因や理由があります。食べ物と食べ方など食事の方法と生活習慣にもダイエット成功にもう一歩のおすすめをご紹介します。

なぜ脂肪は落としにくいの?:

ダイエットをする人の数は減ることがありません。
なぜなのでしょうか?
その1つの原因は身体の仕組みにもあります。
身体は本来、危機に備えるために脂肪をため込もうとする傾向にあります。
そのために、脂肪を落としたい場合は、戦略的に行うことがダイエットの成功におすすめです。

肥満やダイエットをする人の数が多いアメリカで結果を出し続けていることで知られる博士が、ダイエットの成功にあと一歩におすすめされる食べ方や食事方法と生活習慣のおすすめは下記のとおりです。

糖質制限:

前回のダイエット成功にあと一歩におすすめの糖質制限方法とその理由?でご紹介した通りです。
炭水化物も含む糖類又は糖質が含まれる食べ物や食事をすることは、インスリンを上げることにつながります。
インスリンは脂肪燃焼をブロックする働きがあるため、なかなか体重や体脂肪は落ちないという仕組みがあります。
特にありがちなのが、頑張って買い物に歩いたり自転車を乗ったり、あるいは汗をかいて運動をしても、その前後に糖類を含む食べ物や食事、飲み物を飲むことで脂肪は落ちにくい状態になってしまいます。
そのため、ダイエットを成功したい場合は、身体を動かす前後1.5時間程度は脂肪燃焼の時間を確保することがおすすめされています。

野菜を含む食べ物や食事をこころがける:

野菜を食べる量は日本では全体的に減っているようです。
野菜を含む食べ物や食事が減ることは、その分、ビタミンやミネラル摂取も減ります。
ミネラルの中でもカリウムが不足することは、たんぱく質が代謝されなくなるために、脂肪が付きやすい状態になると言われます。

空腹時間を設ける:

食事と食事の間にどうしても間食はしたくなりますね?
ダイエットを成功させたい時期は、ちょっと我慢がおすすめです。
間食をした時点で身体は脂肪を代謝や脂肪燃焼を止め、脂肪をため込みやすい状態になります。
また、空腹時間が長くなることは、解毒しやすい状態にもなるので、時間管理は更におすすめです。
既にお気づきかもしれませんが、インスリンが上がりやすい食べ物や食事はダイエットを成功させたい時期は注意することがおすすめです。
空腹時間を減らすには、食べ物や食事時にちょっと脂質を取り入れるとお腹の持ちが長くなります。
また、たんぱく質を少し入れるのもおすすめです。
たんぱく質と脂質はインスリンを上げにくくしてくれます。
ただし、取り過ぎは脂肪をため込む原因につながるので、留意することがおすすめです。

意識的な運動:

ダイエットを成功させたい時は、ある程度効果的かつ効率的な運動の方法がおすすめです。
特に体重や体脂肪を落としたい場合は、身体全体を動かすことが有効でおすすめされます。
また、午前中に足の筋肉を使うことは、朝から代謝が上がりやすい状態になるため、一日を通して代謝が落ちにくいためにおすすめです。

睡眠時間の確保:

近年の健康的なダイエットについての報告で、睡眠時間が今まで以上に大切になっていることが報告されています。
6時間代の睡眠では足りず、7時間でも睡眠の質によってはまだ睡眠不足気味とも言われます。
ダイエットを集中する時期は、8時間の睡眠がおすすめです。

日本でのおすすめ?:

上記に加えて、日本特有の代謝の上げ方があります。
それは、お風呂に浸かることです。
お風呂に入ることは、汚れだけでなく疲れを落とす効果があります。
それ以外にも、代謝が上がりやすく、解毒しやすい状態にもなるためにおすすめです。

ダイエットをしてもなかなか体重や体脂肪が落ちにくく感じたり、もう一歩成功に進めたい場合には、上記を試してみることもおすすめと言えます。

 

 

キーワード:ダイエット成功,糖質制限,脂肪を落とす,ダイエット失敗の原因,食事でダイエット

 

参照:
エリック・バーグ医学博士
How to lose last 10 pounds
2017年3月13日

オンラインショップ